発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

カテゴリー「企画のたまご屋さん」の記事

2015年4月 1日 (水)

「企画のたまご屋さん」10年間で学んだこと

昨年度末(つまり昨日)をもってNPO法人「企画のたまご屋さん」の代表理事を卒業いたしました。
手続き上は6月の総会をもって退任となるようですが、組織体制としては年度が変わる昨日で一区切り。今日からは新体制が動き始めます。6月まではきっちり引き継ぎをやろうと思います。

立ち上げのときから関わり、2011年6月からは代表理事。
昨年には10周年を迎えました。

「ひたすら走り続けた10年間、悔いはございません!」
と、タカラジェンヌの卒業挨拶のようなことはとてもとても言えません。
それでも、ここでなければ学べなかったことがいくつかあるので、この場を借りて書き残しておきます。

◆10年やってみないとわからない
「すぐに結果が出ないから」といってあきらめないこと。2〜3年で投げ出さない方がいいことって、きっとたくさんあるのだと思います。

◆続けることは価値だ
平日毎朝1本「企画のたまご」を休まず流し続けた結果、ふと気がつけば400冊の本が出せていました。今となっては「10年継続」とか「400冊」といった数字自体が立派な価値になっています。

◆潮目は必ず変わる
ヘタレな私は、愚痴ったこと泣きわめいたことも数知れずでしたが、それでも、本当に困ったときは不思議と必ず手を差し伸べてくれる人がありました。
そうやって土壇場で支えてくださった方々への感謝の気持ちは言い尽くせないものがあります。
そして、何年か前には絶対不可能だと思っていたことも、いつのまにか実現できる組織になっていました。

◆新たなステージには新たな課題がある
新たなステージに到達するということは、新たな課題にぶつかるということなんですね。
それはきっと個人の人生でも同じです。
これまで想像もしなかったような課題にブチ当たるのは、それだけ成長したってことで、ある意味喜ばしいことなんでしょう。

と、いうわけで、これからの「たまご屋さん」にもどうぞご期待ください。
10年間、支えてくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

2014年11月30日 (日)

第10回出版甲子園決勝大会!!

今日は「企画のたまご屋さん」も共催としてお手伝いしている「出版甲子園」の決勝大会@代々木オリンピックセンターに行って来ました。
今日の私は審査員という重大なるお役目(>_<)。しかも最初の挨拶もあり…。

983831_739370779433944_773116291158

いちおうがんばった!

決勝10企画のプレゼンは大笑いしちゃうものから、しんみり聴き入ってしまうものまで、それぞれに個性的。エンターテインメントとして十分面白かったです。
著者というのはキャラが立っていることが大事だと思うけれど、その意味でも期待できる企画ばかりでした。

結果は…
◆1位(グランプリ)が「恋愛昆虫図鑑」
◆2位(準グランプリ)が「No.1スカウトマン直伝!20歳のためのコミュニケーションの教科書」
◆3位が「学生運動から『学生の運動』へ――1万枚のビラから探る、『大学生』の半世紀」

10514615_739370862767269_7418691891

どの企画も、ワタシ的にも推しなもので結果には大満足(*´ω`*)
あーでも、それ以外も是非書籍化して欲しいものばかりです。がんばって欲しいわあ!!
(企画の詳細はこちらのページからみられますよー)

終了後の懇親会では個性溢れる企画者の皆さんとお話できて楽しかった〜。
そして以下はお話してわかったワタシ的にのみ重要なプチ情報のメモです。
・「日本史の“ハテナ”を解決する本」の企画者の方が拙著「タカラヅカ流世界史」の存在を知ってくださってた。
・企画者の中にR社の内定者がいた!
・企画者の中にヅカオタ女子がいた!!!

今日の日のために1年間がんばってきた出版甲子園実行委員会の皆さん、本当にホントウにお疲れさまでした!
大会運営としても進化が感じられて、10周年に相応しい大会だったと思いました。
心からの感謝を込めて…「今日は素敵な時間をありがとう」

2014年8月11日 (月)

第2回「たまごカフェ」のお知らせ(ゲストは手島奈緒さん)

「企画のたまご屋さん」から本を出し、成功体験をした著者さんからお話を伺う「たまごカフェ」、第2回のゲストは手島奈緒さんです!
ナビゲーターを中本が務めさせていただきます。

手島さんは「食」に関する著作を立て続けに出版され、活躍の場を広げておられます。
私自身も手島さんとの出会いがご縁で「味噌作り」「桃の収穫」を体験させてもらい、「食」に対する意識がずいぶん変わりました。
本を出すことの喜びと苦労をホンネでがっつりトークしますので、皆様ぜひいらしてください!

【日時】
2014年年8月31日(日)
16:00〜19:00(15:30開場)

【場所】
西早稲田「02カフェ 」

★お申し込みはこちらのページからどうぞ
http://peatix.com/event/47898

★手島さんの著作

2013年10月16日 (水)

「たまごカフェ」開催

「企画のたまご屋さん」初、本を出したい人との交流イベント「たまごカフェ」が、神楽坂のブックカフェ「キイトス茶房」にて開催されました。

前半は、「たまご屋さん」から初の著作「モテる!男のアロマ入門ーAROMA FOR MEN」(自由国民社)を出されたいのうえ真弓さんと、担当プロデューサーの稲垣さんとのトーク。
井上さんからは、本が出るまでの過程で悩んだことやご苦労されたことまで、率直な思いを語っていただけて、とても良かったと思います。
井上さん、素敵なお話をありがとうございました!

1385251_423307001102478_32915340_n

そして後半は懇親会。
正直わたくし、巷の「出版セミナー」によく現れがちな自己顕示欲満々の人ばかりだったらどうしようとドキドキしておりましたが、お話させていただいた何人かの方はそれぞれ、何かを伝えたいという真摯な思いに溢れた方ばかりでホッとしました(笑)

「たまご屋さん」らしい会をと願っていましたが、集まってくださった方も「たまご屋さん」らしい方だったような気が…。
「たまご屋さん」らしさのようなものが、地道ですが着実に広まりつつあるということを実感し、嬉しく思っています。

自分が発信しようと思っていることの面白さを信じ続けていくのって、案外大変だったりします。
そういう志を持った人の励みとなるような会を、これからも続けていければと思いました。

1376158_559292714144302_1899660170_

※終了後は「神楽坂ビール」とともにスタッフで反省会。
いや、割とマジでがっつり反省会したんですよ〜次回にも乞うご期待です!

2013年10月 7日 (月)

たまご合宿2013@清里

「企画のたまご屋さん」恒例の合宿に行ってまいりました!
といっても鬼の企画出し100本ノックとか徹夜のミーティングがあるわけではなく、たまごメンバーでもある高野雅裕さん(以下、高野兄と呼びます)の素晴らしいガイドのもと、美しい自然に癒されて、ひたすらリフレッシュしようというもの。

高野兄は出版業界の人ですが、20年ほど前に清里で「リッツ・イン・清里」を始めてからはずっと地元の人たちとも交流を深め、この町の発展に尽くしてこられています。

私もこれまで何度も清里を訪ねましたが、行く度に新たな発見をさせてもらってます。
今回も楽しいことづくめでしたが、ワタシ的ベスト3は次のとおり。

【第1位】
石段を登り切ると、そこに神様がいた!

近郊の津金という町を、高野兄の案内で散策しました。
このあたりの古民家は、漆喰で描かれた鏝絵(こてえ)と呼ばれるマークを倉につけているのです。お洒落です。

20131007_105932_2

そして、山の中に唐突に現れる古びた石段!
300段を登るとそこにはちゃんと神様が祭ってあり、何と能舞台までありました。
今は地元でもほとんどお参りする人のない神社なのだそうです。

20131007_111440

道端には、こんな道祖神がまつってあったり。

20131007_114623

ああ、昔は人々の生活の中に「神様」の存在が根付いていたんだなーということを、しみじみ感じました。
普段忘れている、何か大切なものを、思い出させてもらったような気がしたのでした。

【第2位】
散策後、「遊絲舎」という古民家で、キーマカレーのランチをいただきました。
ピリリとした辛さが、石段登りで疲れた体に染みるぅ〜。

20131007_123621

何と!こちらのカレーを出してくださった奥様、江戸あやつり人形「結城座」の人形制作をされている方だったのです!!

20131007_132407

私も人形を操らせてもらいましたが、やっぱり筋が悪そうでした(>_<)
女の人形に足がないのは文楽と同じ。
かしらは役ごとに作るので、とってもたくさん作らなきゃいけないらしい。
昔は桐を使っていたそうですが、今は張り子だそうです。
今度、公演も是非観にいってみたいです。


【第3位】
「まきば公園」で本物の羊をもふもふしたこと。

20131006_163122

羊年で牡羊座の私としては、他人とは思えませんでした(*´ω`*)

20131006_163304

この他、1時間以上待って食べた中村農場の親子丼は相変わらずの美味さだったし、富士山も見えたし、ペンションの朝ご飯も相変わらず素敵だったし、いろいろだけど…。

でも一番は、毎年心尽くしのガイドをしてくれる高野兄が清里という町に向き合っている、その姿だったりします。

私にとっては景色よりも食べ物よりも、高野アニキの存在が一番の観光資源かも(笑)
私もあんな風に身近なものたちと、ちゃんと向き合ってみよう。もっと知って、もっと大切にしよう…そう思えることが私にとってのリフレッシュなのでした。

また行きたいです!清里。

★このブログみて、高野アニキに会ってみたくなった人はこちらまでどうぞ♪

2013年9月14日 (土)

今さらですが岩手でボランティア体験記(その2)

この日、移動図書館車がまわったのは、山田町にある仮設住宅だ。
各々1時間ずつ滞在し、計4カ所をまわる。
スタッフは男性3名、女性2名。我々ボランティア2名が加わって、計7名だ。

20130914_111845
移動図書館車。黄色を基調としたデザインが可愛い!

居住者の方々は、図書館車の本棚から好きな本を選んで借りて行く。
貸出手続きは、仮設住宅内の集会所を使って行う。そこでは飲み物なんかも出していて、おしゃべりしていくこともできる。
借りた本は、次回、だいたい2週間ぐらい後に移動図書館が来るときに返却すればよい。

我々ボランティアのお仕事は、まず仮設住宅に着いたところで、1軒1軒を訪ねて、
「移動図書館来ましたよー。お茶飲みに来てくださいー」
などと呼びかけてまわることだ。

もともと簡単な作りだし、今日みたいに暑くて良いお天気の日は入り口も開け放してある。
したがって、声はかけやすいのだけど、よく言われている「プライバシーの確保が難しい」ということでもある。
でも、声をかけると、わざわざ出て来てくださって、
「ああ、移動図書館ね。どうも、ご苦労さまです」
などと皆さん笑顔で対応してくださる。
ウザそうな顔をする人や無視する人にはひとりも出会わなかった。

あとは、返却されてきた本を種類別に分けたり、空いた棚に収めたり。
利用者の方々と交流してみたり。
そして、開始時と終了時の荷物の出し入れのお手伝いだ。

そもそも、仮設住宅の居住者にお年寄りが多いからだろうが、利用者もやはり年配の方が多い。
そして子どもたち。
絶対数はそんなに多くはなかったけど、世間一般でみても「本を読む習慣のある人」というのはごく一部なんだから、そういうものだろう。でも、利用する人は皆さん常連みたいで、とっても楽しみにされてる様子。一度に5冊まで借りられるそうだが、何冊もいっぺんに借りていく人がほとんどだった。
子どもたちがでっかい絵本を手に取って借りて行く様子も微笑ましい。

人気があるのはやはり人気作家の小説だ。
あと実用系では、料理や園芸の本、健康関連本、そして家作りに関するもの。
漫画は「進撃の巨人」まで人気のものが揃っている。そして、子どもたち向けの絵本。

20130914_131804

ビジネス書はさっぱり人気がないわな〜仕方ないか(´・ω・`)
あとは「タカラヅカ流世界史」もここじゃ要らないね(´・ω・`)

ひとり、今日周回予定じゃないところにお住まいの人がわざわざ訪ねて来て、
「『項羽と劉邦』の続き、入っていないかしら? 続きが読みたくて」
とおっしゃった方がいた。
うわー、その気持ちめっちゃわかるわかる!と激しく共感してしまったよ(笑)

そんな利用者さんに応えるべく、シリーズものの貸出があったときには、次回訪問時に続きを持って行ってあげられるようにしたり、リクエストも受け付けたり、細かい配慮がなされている。
本は当初、寄付でまかなっていたけれど、最近は営業を再開した地元の書店さんで購入することで、支援の一環としているそうだ。

正直私は、たった一日、しかも天候にも恵まれたラクな日に手伝っただけで、たいしたことは何もできなかったと思う。
2年以上の間、雨の日も極寒の日も活動を継続されて来られたスタッフの皆さんには頭が下がる。
でも、黙々と本を運んだり並べたりする作業はけっこう楽しかったし、本を読むことを純粋に楽しみにしている人と接することができたのも嬉しかった。
考えてみれば皆さん、とても気持ちの良い利用者さんばかりだったな。
東京の図書館なんかよりも、はるかに…。

16時過ぎには釜石の事務所に戻り、すぐに釜石発16時41分の列車に乗り込んで、東京へ。
何とかその日のうちに戻ることができた。

そして、連休後半の日本には、台風18号が直撃して来るらしい。
せめて仮設住宅がある場所にはあまり近づかないで欲しい…雨風を凌ぐのは本当に大変だろうから。
そんなことがやっとリアルに想像できるようになった。それが自分の中の一番の変化なのかもしれない。


<追記>
ブログにアップしてしばらく経った今、「今さら何書いてるんだろ?」と恥ずかしくなってしまったのだけど、「昨日までの私」が何も知らなかったことも事実なわけで、そのことは記憶だけじゃなくて記録に残しておこうと思う。

現地に足を運んで、見て聞いて初めてわかったことはたくさんあった。そして震災から2年半、オリンピック開催決定に沸き立つ東京との温度差もすごく感じる。だからどうしろっていうのは今はまだないんだけど、これからも頭の片隅で考え続けていきたい。ごめんなさい今はただそれしか言えません。

今さらですが岩手でボランティア体験記(その1)

シャンティ国際ボランティア会が主催する、岩手での移動図書館プロジェクトのボランティアに参加してきました。

そもそもは、同じ出版関係のNPOである「企画のたまご屋さん」として学ばせてもらいたいという意図からだった。
個人的にもいつか被災地に自分で足を運んで、できることをやってみたいという思いはずっとあったから、ようやくその機会が到来したといったところである。

目指すは岩手県釜石市。
東京駅から東北新幹線「やまびこ」で3時間。
新花巻で釜石線に乗り換えて、さらに2時間。
新花巻まで北上して、それから海に向かって東方向に進むということなのだが………遠い。遠いよ(´・ω・`)

20130913_144640_3
釜石線。2両編成の列車でてくてく。

そして前日の17時前には釜石着。
鉄鋼の街とは聞いていたけど、駅の真ん前にいきなり新日鉄の工場があってびっくり。

20130914_172804_2

さっそく街を歩いてみて、唖然とした。
1階部分が津波でやられたまま放置されている建物が、あちこちにまだ残っているのだ。

20130914_070319_2
仕事柄、この建物に一番衝撃を受けた…もとは書店さんだったらしい。

20130914_070354_2

そのいっぽうで、やけに新しい建物も多い。震災後に新しく建てたのだろう。
街の中心部であろうと思われるところに、更地がぽっかり空いていたりもする。
この他にもぐにゃりとひん曲がったガードレール、砂でざらざらになった観光案内板、半分に欠けて原型を留めないベンチなどなど、津波が残した傷跡が街中にはまだまだ残っている。

この日の夜は、地元のご主人がひとりでやっている店を訪ねてみたのだが、このご主人も「前の店は津波で流された」と言っていた。

あまりに陳腐な表現で恐縮なのだが、「ここでは震災はまだまだ、全然終わってはいないのだ」ということに今更ながら気付かされた。そしてそれは、鈍感な私にとっては、ここまで来てやっと実感できたことなのだった。

20130914_071220_2
こんな建物もあった。「釜石復興ビル」。

そして翌14日がボランティア活動である。
朝9時に、シャンティの岩手事務所に集合し、そこから車で出発だ。
一路、津波の被害が最も大きかった町のひとつである山田町方面に向かう。
途中、瓦礫の山というのを初めて目の当たりにした。
運休になったまま、草ぼうぼうになっている三陸鉄道の線路も。

幸い、お天気には恵まれたから、三陸の海はとてもとても美しかったのだけど。
その美しい景色を眺めていて、ずーーっと忘れていた旅の思い出がひとつ、突然よみがえって来た。そういえば私、ずいぶん前に一度、三陸を旅行したことがあったっけ。

その時も絶好のドライブ日和だった。リアス式海岸から臨む海はのどかでキラキラしていて、海の幸はひたすら美味しく、ただただ、楽しい旅行だった。
だけどそんな思い出の景色も、もう二度と見ることはできないんだな。少なくとも私が生きている間は、絶対に。
(その2に続く)


2013年9月 5日 (木)

インタビューされるのも難しい

BOOKSCANというサイトの著者インタビューに掲載されました。
インタビュー記事はこちらになります。

これまでと現在の私のことがわりとコンパクトにまとまってると思います。
私が運営に携わっている「企画のたまご屋さん」のこともがんばって語りました (`・ω・´)キリッ.
(代表としてアピール力が足りないんじゃね?といつも言われてるので…)
よかったらご覧になってみてくださいね〜

…この記事をつくっていく過程では、「インタビューされる側の難しさ」も思い知らされました。
私はインタビューする側として、主にはタカラジェンヌOGの方々のお話を聞く機会はあるのですが、たいがいは聞いた話がスパッと原稿になることが多いです。
彼女たちはやっぱり自分の考えていること、感じていることを端的に言葉で表現する訓練ができているんだなと改めて頭が下がる思いでした。