発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

カテゴリー「お知らせ」の記事

2018年4月 8日 (日)

青山タカラヅカ講座with越乃リュウさん

NHK文化センター青山教室「宝塚歌劇に誘う7つの扉」シリーズ、今日は越乃リュウさんをゲストにお招きし、タカラヅカ・ダンスの魅力をたっぷり語っていただきました。
一人で話すときとは全然違う集中力を使ったぁ〜。半分受講者目線だったためか、「いいお話聴けたわ〜」という心地よい疲れを感じております。

手を伸ばすだけでなく「戻す」ときの揃え方。
リフトの時の娘役さんの降ろし方。
黒燕尾の持ち方。
静止のときに息を切らさないこと。
一人ひとりのこだわり、組のこだわり。
そして、先輩から後輩へと受け継がれていくもの。

…などなど、などなど。
細かいこだわりの積み重ねがタカラヅカ・ダンスの魅力を創り上げているのだなと改めて思い知りました。

いつも思うのですが、同じ舞台を観ても、いかに細やかに深く観られるかで受け取れるものは全然違ってくるのではないかと。
(下世話な話、その方がコスパも良いですよね〜お安くないチケット代払っているのですから、その分以上のものを受け取って帰らないとw)
創り手、演じ手のこだわりにしっかり応えられる観客でありたいものです。

今日も打てば響く!な感じで「そうそう!それ聴きたかった」なお話をたくさんしてくださった越乃さん、本当にありがとうございました❤️

そして、貴重な休日のお時間を割いてご参加くださった皆さまにも感謝です。今回アンケート取らなかったので、ご感想やご意見などもお寄せいただければ幸いです。

※写真を撮り忘れたので、終了後のほっこりおやつ「寶もなか」を。本文とは関係ないけど少し関係ある?


2018年3月27日 (火)

博多座会報「喝采」に

寄稿させていただきました。
1789の見どころ紹介。
手前ミソですがわりとわかりやすく書けたかな。
タカラヅカファンてきなツボもさりげなく盛っておいたので、機会がありましたらご覧ください(笑)
(博多座会員さん向けなので、会員の人に見せてもらうとか、思い切って入会するとか…(^^;;


2018年3月20日 (火)

青山タカラヅカ講座4/8予告

NHK文化センター青山教室「宝塚歌劇へ誘う7つの扉―4.宝塚×バレエ」では、越乃リュウさんをゲストにお迎えし、バレエとの関係を踏まえてのタカラヅカのダンスの魅力についてお聞きします。

本日、打ち合わせをさせていただきました。もともとバレエが大好きでタカラヅカに入り、在団中はスタイリッシュなダンスで観客を魅了してきた越乃さんだけに、盛りだくさんな1時間半になりそうで楽しみです♪
ご興味とお時間ある方、ぜひ聴きにいらしてくださいね!

お申込みはこちらから

★以下のようなお話を予定しています

1)「カンパニー」見どころ解説
(バレエ少女だった頃の思い出と絡めて)

2)BADDY…タカラヅカのショーの見どころ
・バレエとタカラヅカ・ダンスとの違い
・タカラヅカ定番のダンスについて
・男役の踊りと娘役の踊り
・月組で活躍するダンサーたち

※プチ体験コーナーも?

3)越乃さん、思い出のダンスシーンを語るコーナー
…「あの名作のあのシーン」から定番の黒燕尾まで

2018年3月16日 (金)

レビューれびゅー3月

本日付け日経MJに「中本千晶のレビューれびゅー」執筆しています。
「裁判劇『TERROR テロ 命の価値、観客が判決」
かつてないほどエキサイティングな「客席参加型」舞台だったと思います。各地での公演の判決結果も改めて振り返ってみました。


2018年3月10日 (土)

千穐楽!名古屋タカラヅカ講座

3カ月にわたる名古屋でのタカラヅカ講座も本日が最終回。いわゆる千穐楽ですか(笑)

初回から和気あいあいとした温かい雰囲気に満ちた講座でしたので、最終回の今日は「終了後に懇親会やりますか〜」と呼びかけてみました。すると、思った以上にたくさんの方が残ってくださってびっくり。でも嬉しい限り。
名古屋にも広がりましたよタカラヅカファンの輪❤️

そして、中日ビルに別れを惜しみつつ、名古屋を後にしたのでした。
また来たいよ〜〜〜〜‼️
続編ができますように。


2018年3月 3日 (土)

青山タカラヅカ講座3/3

NHK文化センター青山教室の講座「宝塚歌劇に誘う7つの扉」。シリーズ第3回の今日は花組公演「ポーの一族」にちなんで、2.5次元舞台のお話をさせていただきました。
講座に来られる世代の方にとっては縁遠い世界のようで、「今回は特に面白かった」との感想も何名か。
新たな世界が広がるのって楽しいことだと思うので、そんな一助になれば講座冥利にもつきますね〜。
ご参加くださった皆さま、ありがとうこざいました。

恒例! 田内 しょうこさんの本日の講義デザートは、「ビクトリアンショートケーキ」。イギリスの古典的ケーキだそうです。薔薇🌹のジャムがはさまっているので、ポーの一族の皆さまにも気に入っていただけるのではないかしら(*^^*)


2018年2月 4日 (日)

博多座会員誌「喝采」に

博多座の会員さん向けに送られる冊子「喝采」に寄稿させていただきました。
題して「2018年博多座、新生『あかねさす紫の花』への期待」。
なにぶん私のタカラヅカ初体験がこの作品でしたから、並々ならぬ思い入れを込めて書いてしまいましたよ〜(笑)


2018年1月20日 (土)

町田で「タカラヅカ流世界史」

本日、NHK文化センター町田教室「タカラヅカ流世界史」。またしても恐怖政治についてがっつり語ってきました。
午前中に町田で講義→日比谷に移動してランチ会(希望者の皆さんと)→雪組公演「ひかりふる路」観劇という、冷静に考えるとなかなかハードな一日でしたが、最後には皆で集合写真まで撮っちゃうぐらいの大盛り上がりでした(*^▽^*)
(もちろんポンポン持って(笑)
「大寒」にもかかわらずご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

※写真は恐怖政治とはまったく関係ないランチ会のお料理。
美味いものを食べることこそ人生の喜びです…と、ダントンさんも言ってますよね。


2018年1月13日 (土)

中日文化センター「タカラヅカ流世界史」はじまりました

名古屋・中日文化センターでの「タカラヅカ流世界史」講座を無事に終えまして、お約束の「こだまグリーン早割」にて優雅に帰還いたしました〜。

初の名古屋出陣ということで緊張していたのですが、教室に入った瞬間から何やら温かい空気が……。
「あ、ここはアウェイじゃない、ホームだ!」
と、確信。
雪組公演を大劇場で観て来た方も多数、花組をすでにご覧になった方や宙組WSSのために東京に行きますという方も何人かいらして、皆さん宝塚と東京の間という立地を前向きに活かして、とってもアクティブ。
中には「戦時中のタカラヅカも観ました」という方をはじめユニークなファン歴の方もいらして、とてもアットホームな良い雰囲気ですすめることができました。

あー、2月、3月と名古屋に行くのが一気に楽しみになって嬉しいっ!
もちろん食の楽しみも…❤️
(すでに名古屋メシにまみれております)


※ 恥ずかしながら初めて食べましたが、コンパルのエビフライサンドがマジうま(*⁰▿⁰*)

2018年1月 6日 (土)

「台湾のファンのためのタカラヅカ入門」連載スタート!

本日より『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』(台湾のファンのためのタカラヅカ入門)はじまりました!!! 翻訳はFlora Hungさん、イラストは牧 彩子 (Ayako Yabe)さん。第1回のテーマは「男役與娘役」(男役と娘役)です。
https://ideanews.jp/archives/52771

中国語を勉強したい日本のファンの方にもご活用いただけるのではないかと思っています。身近にそういう方いらっしゃいましたら、ぜひご紹介くださいませ。

ご感想、3人へのメッセージなど、心よりお待ちしています。また、この連載を取りまとめたものを台湾で出版したい!というのが作者3名の目標(野望?)であります。しかし、現時点ではどうしたら良いのか、手がかりがありません。アドバイスくださる方、力になってくださる方からのご連絡も心よりお待ちしています。



より以前の記事一覧