発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

カテゴリー「少し長めのつぶやき」の記事

2018年2月 7日 (水)

レポートがとても面白かった件

早稲田「舞台芸術入門」、この授業では期末レポートがある。3名の担当講師が出したテーマのうち、学生は好きなものを選んで提出するという仕組みだ。
今年、私が出したのは以下のテーマだった。

(共通課題)
 日本には多種多様な形態の舞台芸術が存在しており、私たちはそれらを自由に選択して楽しむことができる。それについてあなたの意見を述べよ。

(個別課題)
日本では宝塚歌劇や四季、東宝ミュージカルのような大劇場の商業演劇と小劇場演劇との間に分断があるように思われる。この点の現状や問題点、今後のあり方について、具体的な作品例や自身の劇場での観劇体験などを踏まえて考察し、論ぜよ。

テーマを考えた当初は「果たして選んでくれる人がいるのか?」「私宛の提出者はほとんどいなくて私だけ採点がラクになるのでは?(笑)」と懸念されたが、フタを開けてみれば授業登録者約260名(うち期末レポート提出者はたぶん200名弱)中50名が選択。
しかも、面白いレポートが多くて、かつてないほどにワクワクしながら読ませてもらえたし、こちらが勉強させてもらえることもたくさん。このテーマを選んでくれたみなさんにホントありがとうと言いたい。

何故これほどまでにエキサイティングな出来栄えだったのかを考えてみるに、書き手の一人ひとりにとっても、この問題が「わがこと」だからなのだと思う。
どうやらこのテーマを選択した人たちのほとんどが観客として、中には演者や作り手として、この問題と向き合う必要があると気付いた人だったみたいだ。

多かったのは四季や東宝ミュージカル、宝塚歌劇などがもともと好きでよく見ていたのに「そういえば小劇場演劇って見たことがないのは何故?」という問題意識を持った人、逆に身近に小劇場演劇に携わっている人がいたり自身が作り手の側であるゆえにこの問題にもともと関心を持っている人たちもいた(この辺りはさすが演劇の杜)。
中には役者兼脚本家をやっていて「このテーマは自分の人生に関わる重要な問題だけに力が入る」という書き出しのものもあった。
だから読んでいても書き手の顔が見えたし、そうやって自分の言葉で書かれた文章は読み応えがあるものだ。

正直、私自身もこのテーマに対してどう向き合っていくのか暗中模索な状況だ。この問題は「芸術と商業主義との関係」という永遠のテーマと密接不可分なだけに、落としどころを見つけようとすること自体に無理があるのかもしれない。
だが、ひとつ確実にわかったことは、このテーマを「わがこと」と感じている人がこれからの日本の演劇を担っていく世代に少なからずいるということだ。
引き続き来年度もこのテーマは追究し続けていきたいと思う。

2018年2月 2日 (金)

本を整理した

今週、少し時間があったので積年の課題だった「本の整理」思い切ってやりました。
こちら中古書店に出すべく待機中のダンボール7箱です。

「読み返すことがある本」
「資料として手元に持っておきたい本」

のみを残し、どんなに読み返す「かも?」と思っても「実際に読み返さなかった本」は潔く処分、という基準を断行。
これが今まではなかなかできなかったのだけど、今回は不思議とできてしまいました。
何と言いますか、これで自分の中の妙な見栄みたいなものも捨てられた気がします。

本棚ってその人の頭の中と言いますか知性の象徴みたいなところもやっぱりあると思うので、ついつい見栄を張りたくなっちゃうんですよね。自分に対してね。やっと諦めがついたのかも(笑)

年を経たことによって関心領域も変わるのね、というのも今回の気づきでした。
一昔前は大問題だった、愛だの恋だの、あと孤独だのといったことが、わりとどうでもよくなってしまった気が・・・そんなこと考えているヒマがあったら、タカラヅカのチケット難問題にいかに立ち向かうか考える方がずっと有益だと思っちゃう(笑)
悟ったのか、はたまた枯れたのか??

それで結局たくさん残ったのが、料理とか園芸とか、あとは健康、そして舞台関連の本(笑)
結局私は、小難しいことよりも地に足ついた生活が大事な人間なんだなとわかりました。
ま、これが等身大な私めの本棚ってことで。
あー、さっぱりしたよ♪( ´▽`)


2018年1月 1日 (月)

大吉おすそ分け

あけましておめでとうございます㊗️

元旦恒例、郷里の神社で初詣。
おみくじ引いたら……大吉出ました!!!

「わがおもう 港も近くなりにけり
ふくや追手のかぜのまにまに」

追い風には素直に乗り、ときには向かい風も楽しみながらすすんでいきたいです。
そして一日一日を大切に。
今日の先にしか明日はないのだから。

というわけで、皆さまにも「大吉」のおすそ分けをどうぞ❤️
本年もよろしくお願いいたします。


2017年12月 9日 (土)

水戸デビュー&印籠弁当事件

NHK文化センター水戸教室初のタカラヅカ講座開催!
水戸方面でタカラヅカを愛する皆さま、興味をお持ちの皆さまが集い、終了後の「お茶会」も和気藹々と盛り上がってとても楽しかったです〜〜。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。これをきっかけに水戸でもタカラヅカファンの輪が広がるといいなぁと思います。

……で。
せっかく水戸に来たのだから何か水戸名物を食べて帰りたい!
というわけで、名物「印籠弁当」を買うのに夢中になってたら予定の「ひたち」に乗り遅れた(T-T)

が、いざ食べ始めてからは「乗り遅れたことは後悔しませんキリッ!」という気分に。何しろ器のインパクト良し味良しなのだ。
これは次回水戸に来る時も(来れるといいなぁ)是非食したい。ちなみに、大洗駅の名物駅弁だけど水戸駅構内のニューデイズでも買える。

と、こ、ろ、が〜
ご満悦で食べていると、斜め後ろから、
「おお、あのお弁当いいなぁ。葵の御紋だよー」
「開けるとどうなってるんだ? …なるほと!」
「おお、鶏肉だ鶏肉。次は何? 人参だよ人参!」
と、まるで実況中継するかのようなオジサンの声が!!!
思わずクルッと振り返って、
「名物駅弁なんです〜」(ニッコリ)
と言っておいた。

そうするとさらに、
「いいなぁいいなぁ〜。峠の釜飯よりよっぽどいいよ」
「東京駅でも売ってないかなぁ〜」
とずーっと言ってる。

もう可笑しいやら恥ずかしいやら。
水戸デビューに相応しい?おもしろフィナーレでした(笑)




2017年11月 5日 (日)

ネパール旅日記その5 花の巻

ネパールを象徴する花、それはマリーゴールドではないかと思います。
(国花はシャクナゲだそうですが)
とにかく、どこに行っても咲いている。
家の庭先でも育てているし、ホテルの玄関も華やかに彩っています。
ホテルなどで育てられているものは日本でよく見かけるものより大きくて丸くて一層ゴージャス! 枯れた花は全て摘み取られ、きちんと手入れされている感じがとても気持ちいい。

祭りの時などはマリーゴールドの花を摘み取ったものに糸を通して繋げたもので玄関を飾ったりもするようです。
グルやシャーマンの儀式のお供えで使われていたのもマリーゴールドでした。
私たちがカトマンズに到着した時も、マリーゴールドで作ったレイを首にかけて歓迎してもらいました。

私ごとですが、今年から突然ガーデニング(というかむしろ園芸部活動)に勤しむようになりました。
ところが、日当たりも悪く土も痩せているうちの庭ではなかなかうまく育つ植物がない・・・。
そんな通称「サバイバル・ガーデン」でも常に元気良く花を咲かせ続けてくれたのがマリーゴールドでした。
帰国してみたら二度の台風のためてんでバラバラな方向に倒れていましたが、それでもなお元気に花を咲かせてくれています。強い花です。

ネパール語では「サイパトリ」と言うのだそうです。
ポカラのホテルの方が教えてくれました。
マリーゴールド、より一層思い入れの深い花になりそうです。


カトマンズのホテルの庭先。大輪!


こちらはポカラのホテル。枯れた花ガラは全て摘み取られて、手入れが行き届いているのに感心してしまう。


タンセンからポカラに向かう途中の休憩所の片隅で。
ちょっとしたところにもよく植えられている。


各家庭の玄関を飾っている花はどこで手に入れるんだろうと思いきや、カトマンズ・アサンチョークの市場でちゃんと売られていた。



*ネパール旅日記はひとまずこれでおしまい。
混沌の世界から秩序の世界に戻った今、ネパール・クライシスがじわじわと…。変わる自分を楽しんでいきたい今日この頃です。

2017年11月 4日 (土)

ネパール旅日記その4 食の巻

ネパールごはんが美味しすぎて、連日食べまくり飲みまくった結果、旅の終盤にはさすがに胃がちょっと・・・。
帰国直後は「食の話をするだけで胃がムカつく」状態だったのですが(笑)ようやく復帰したので書きますよ食ネタ。

まず何といっても国民食ダルバート。
皿の中央にご飯が盛られ、周りに豆のスープ(ダル)、肉のカレー、野菜の付け合わせ(タルカリ・サーグ)、漬物的なもの(アチャール)、そしてヨーグルトが乗っかっています。
これって、よく見るとまさに「ご飯、味噌汁、主菜、副菜、お漬物」という日本のご飯の組み合わせと同じじゃないですか。
というわけで、私、日本風のごはんで「なんちゃってダルバート」ができるのではないかと思い、カトマンズ・アサンチョークの商店街にてダルバート用食器を一式仕入れて参りました。
そのうちやってみると思うので、乞うご期待ください。

そして、もう一つのお気に入りが「モモ」ことネパール餃子。
名前からして可愛いですが、姿形も日本でよくみる餃子と違って可愛い。
中身は水牛の肉がポピュラーで、辛味の効いたタレをつけて食べます。
これまた、どこのレストランにもあり、どこで食べても美味しいので「1日1モモ」をモットーに連日食べまくった結果、元来餃子が好きで好きでたまらない私が、
「餃子はもういい。しばらくいらない」
という前代未聞な状態にまで陥ったのでした。

ごはんだけでなくパンもちゃんとあって、特にカトマンズの「パンパニケル・ベーカリー」が美味しかった。
ここのヤクチーズサンドがお気に入りでした。
飲み物はやっぱり「ネパールティー」ことミルクティー。
ミルクたっぷりで作って砂糖もしっかり入れるのがネパール式です。
これはスーパーで売っている安い紅茶の葉で作った方が良いそうで、これもたっぷり仕入れてきたので、この冬の定番飲み物はネパールティーとなる予定です。

この他、ネパール焼そばの「チョウメン」、汁そばの「トゥクパ」などなど。
あっ!あとは「王様のヨーグルト」ことバクタプルのヨーグルトは最高!!!
凝った料理はないですが、道端で売ってるバナナに至るまで、どれも素朴で美味しいネパールごはんでした。


ポカラの空港近くにある「ダルバートが超美味しい店」のダルバート(店の名前わからず・・・)。
以前はトタン屋根の建物だったのが、今回行ってみたら立派な建物に様変わり。まさに「ダルバート御殿」。


こちらはカトマンズで人気の庶民派食堂「タカリバンチャ」のダルバート。
「タカリ」とは「タカリ族」のことで、料理が上手い民族として知られている。


ポカラで食べた水牛のモモ。一人一皿。


こちらはカトマンズで超人気の「エベレスト・モモセンター」のモモ。秘伝のタレが独特の味。
エベレストビールとともに。


ポカラ→カトマンズの道中、サービスエリア的なところで食べたチョウメン。


古都バクタプルはヨーグルトでも有名な街。
通称「王様のヨーグルト」と呼ばれるだけあって、まるでクリームチーズケーキのようでした。


パンパニケル・ベーカリーのヤクチーズサンドとネパールティー。

2017年11月 3日 (金)

ネパール旅日記その3 車の巻

カトマンズの街は人も車も多いです。
が、驚いたことに・・・信号というものが一つも見当たらない!!!
たまに人が手信号をしているところもあるようですが、旅行中ついに信号機を一つも見かけませんでした。
それでもやっていけちゃってるところがすごい国ですネパール。

そういえば、カトマンズに着いた日に最初に注意されたのは、
「道を渡る時はゆっくり歩いて渡ること。そうすれば車の方が気付いて避けてくれる」
ということでした。
焦って走ると逆に車の方が避けきれなくなっちゃうのだそうです。
そこで私は気付いたのでした。
よく、田舎の道で突如、マイペースでゆーっくり道路を渡っているお年寄りを見かけますが、あれって実は安全な渡り方ってことだったんですね!

今回、車での移動も多かったのですが、運転手さんの華麗なる運転テクニックを眺めているだけで飽きませんでした。
特に目を見張ったのが追い越しテク。
といっても日本と違って片道1車線の道路がほどんどです。
それでも彼らは追い越しをするのだ!
つまり、対向車線に車が見当たらず、仮に車が現れても十分間に合うタイミングを見計らってヒョイっと追い越すんです。いやはやお見事!
ノロノロ運転のトラックなども多いので、これができないとやってられないという状況でもあります。

カトマンズ〜ポカラを結ぶ道「プリティビ・ハイウェイ」はネパール一番の幹線道路。
ですが実際は日本でいうハイウェイのイメージとは程遠いくねくねした山道で、時折舗装していないところもあります。
この道でポカラからカトマンズに戻ったわけですが、実はカトマンズを目前にしたあたりで大渋滞するのがお約束。
原因は規定の倍ぐらい荷物を積んでいる過積載のトラック。上り坂だと自転車かよと思うぐらいのノロノロ運転になってしまうし、途中で力尽きて故障してしまうケースも多々あり。そうするとJAFが来るわけでもないので路上にそのまま放置されることに。これが渋滞の原因を作っていくわけです。

「みんな困っているのに、政府は対策を講じようとはしない。気付きもしない」
とのこと。
人も車も激増中のネパールでは、道路状況もカオスでフリーダムでした。
さて、これからどうなっていくのか???


ポカラ→カトマンズ。この車で出発。


ポカラ近辺はまだ道も快適。


こんな舗装してない部分も・・・。
揺れが凄まじいです。


渋滞キターー!!!
これが延々と山を取り巻いていました。


横転したまま放置されたトラック。

2017年11月 2日 (木)

ネパール旅日記その2 神の巻

世界最高峰エベレストもあるけど、仏陀の生誕地もあるのがネパール。すごいよネパール。
仏陀の生誕地であるルンビニでは、観光資源としてのその価値をフューチャーしようという思惑が渦巻いている感じも何とも興味深かったです。

しかし、仏教の国というわけでもなく、多数派はむしろヒンドゥー教。
現在のネパールにはだいたい次の3つの宗教か混在しているのだそうです。

・ヒンドゥー教(カトマンズ中心)
・チベット仏教
・シャーマンの世界(山岳地帯)

これらがケンカするわけでもなくゆるっと混在している感じ。
「ネパールでは人の数より神様の数の方が多い」などとも言われるそうですが、人と神様がごく自然に共存して生活している国のようです。
皆さん、神様が祀ってある場所の前では当たり前のように手を合わせていくし、仏陀の絵柄の描かれたトラックや、マニ車のカーアクセサリーをつけた車も。
ネパールの若者の間では仏陀はもはやお洒落アイテムとなっているのかしら!?

仏教やヒンドゥー教の名だたる寺院もたくさんあります。
ネパールの仏教寺院って日本と違って色鮮やかで楽しい。そして「ブッダ・アイ」が何とも可愛らしいんですよね。
また、近郊パタンの街の寺院群の彫刻は全て手彫り、それはそれは見事です。
あまりに見事すぎる技に嫉妬した王様が職人の手首を切り落としちゃったという逸話があるくらい。
しかし、2015年のネパール地震による建物の損壊の酷さは、目を覆うばかりでした。
復旧と今後の耐震の対策が進むことを切に願ってやみません。

今回、ツアー企画の方のご好意で、神様のお告げを伝えるグルの儀式、インド占星術、シャーマンの儀式を体験することができました。
といってもいずれも、ごく普通の民家への訪問で、これまた生活感満載。
ちなみに、グルから私へのお告げは・・・

(仕事関連)
「もっと成功するためには新しいことをやった方が良い。そのためにはいろいろな所に行き、様々な人と出会った方がいい」

(恋愛関連)
「過去は断ち切って! でも、人を信じやすいタイプなので相手は慎重に見極めましょう」

とのことでした。
心にしかと刻みつけておきますよ、ハイ。



通りすがりにさりげなく手を合わせていく若者。


カトマンズが一望できるスワヤンブナート。


古都パタンの寺院の見事すぎる彫刻。壊れてしまったら再現は難しいとのこと。


2017年11月 1日 (水)

ネパール旅日記その1 山の巻

10月24日から9日ほど、ネパールを旅してきました。
カトマンズ→ルンビニ→ポカラ→カトマンズという旅程です。

今回の旅で感じたネパールという国を140字以内で説明するならば、

「北には世界最高峰エベレストをはじめとしたヒマラヤの山々、南にはヒンドゥー教や仏教の由緒ある寺院の数々、そして各地に広がる豊かな自然に動物たち・・・と、世界最強の観光資源を持ちつつも人々の貧富の差は激しく、それでもみんな賑やかに愉快に生きている国」

といったところでしょうか。

つまり、いろんな意味で振れ幅が大きい!
その驚きはすでに行きの飛行機の窓から始まっていたのでした。
一面に広がる雲の海の中に何やら尖ったものが見える、それがヒマラヤの山々だったのです。
山も8000メートルを超えると、雲から突き出しちゃうんですね〜〜〜。
我が故郷の最高峰太華山(標高365メートル)とはえらい違いだわ〜〜って比べるなよ。

ちなみに、8000メートル以上の山への登山はネパール政府の許可が必要で、聞いた話によると登山料は500万かかるとか!?
そこに山があるだけで、ネパール政府大儲けじゃないか!!!
(後でネットで確認したところ、250万ぐらいとも書かれているが、いずれにせよ100万単位であることは間違いなさそう)

恥ずかしながら私、ネパールといえばエベレストのある国、ぐらいのイメージしかなくて、きっと寒いんだろうと思い、ダウンを着込んで出かける勢いでした。
でも、北はヒマラヤを越えたところでチベットと接する一方で、南はインドと接しているんです。緯度も日本より下だし、むしろ日本より暖かいし、特に南のルンビニあたりは暑い!

そんなネパールの旅の振れ幅を、幾つかのキーワードからお伝えしていきます。


今回の旅で初めてスマホの「パノラマ」という機能を覚えました。
ポカラ・サランコット山からの朝のアンナプルナ。
左から2番目の尖った山が日本人に人気のマチャプチャレ。


バンコク→カトマンズの飛行機の車窓から。
これが見えた時は震えました!


「エベレスト」というビールもあるのだ。
今回の旅ではホント飲みまくりました(笑)
右は「ゴルカ」という甘口のビール。

2017年5月10日 (水)

ドラちゃん

ある方からプレゼントしてもらった観葉植物。
いただいたときに、
「そのうち成長するから大きな鉢に植え替えてね」
と言われ、植え替えしなきゃ〜〜と思いつつ早5年余・・・。

本日ようやく懸案事項を果たすことができました。
既に葉っぱが伸び伸びしているようなのは気のせいか。

最近、植物に対して何故か優しい気持ちになれるようになった。
植物だけが友だちなのか? もしかして人間不信なのかしらん(笑)
いや単なるトシのせいか。

そして今日、この観葉植物が「ドラセナ・コンシンネ」という名だと初めて知った。
いやそれにしてもこんな窮屈な鉢に押し込められたままで、根腐れもせず、よく今まで生き延びてくれたよ〜〜。
ありがとうドラちゃん!




より以前の記事一覧