発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「アインシュタインの休日」 | トップページ | リベンジ!梅芸「ON THE TOWN」 »

2019年7月14日 (日)

「フローズン・ビーチ」

KERA CROSS『フローズン・ビーチ』プレビュー公演@橋本、観て参りました!
初演時に岸田國士戯曲賞を取ったKERAさんの出世作ということで一度観たいと思っていた作品。今回は鈴木裕美さんが演出です。

とあるリゾートアイランドの別荘に一堂に会した5人の女たち。オーナーの双子の娘、愛と萌(花乃まりあ・2役)、若き後妻の咲恵(シルビア・グラブ)、愛の友だちの千津(鈴木杏)、彼女の連れの市子(ブルゾンちえみ)。一癖も二癖もある女たちの愛憎が渦巻き、次から次へと事件が…。

バブル真っ盛りの1987年、様々な事件で日本が揺れた1995年、そして2003年と、場面が転換するごとにそれぞれの時代の空気感が今となっては懐かしい。ストーリーはまるで推理小説を読んでいるみたいで最後まで予断許さず。誰が誰の味方で誰を憎んでいるのか??思わず相関図描きたくなりました。

とにかく女性たちの愛憎の振れ幅の大きさに圧倒される!でも、誰しもこんな風に人を憎むし、うっかりやらかしちゃうし、でもそれを忘れたフリして生きちゃうもんだよねぇと妙に納得。そして「女って逞しい生き物だわ〜」と再確認したのでした(笑)おどろおどろしい話なのに、何故か不思議と元気をもらえてしまうところはやっぱりKERA作品ならでは、です。

タカラヅカファン的には花乃ちゃんのパワフルなお芝居と二役演じ分けが必見ですよー!

7/31よりシアタークリエにて上演です。

B899d7aaa0d443cc9f80572ef7d96e4f

« 「アインシュタインの休日」 | トップページ | リベンジ!梅芸「ON THE TOWN」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アインシュタインの休日」 | トップページ | リベンジ!梅芸「ON THE TOWN」 »