発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ライムライト | トップページ | 映画・演劇人の手紙展 »

2019年4月19日 (金)

まほろば

 劇団チョコレートケーキの日澤さんが演出、そして早霧せいなさんご出演ということで、気になっていた作品。

期待どおり、いや期待以上にチギちゃん無双な舞台でした! タカラヅカ時代からハマり役を引き当てる運(も実力のうち)の持ち主でしたが、ストプレ初挑戦での今回も強運が続いていたこと、嬉しく頼もしく思った次第です。

舞台は九州の旧家、田舎のしがらみの中で懸命に家を守る母(高橋惠子)、でも、娘たち(早霧せいな・中村ゆり)も、孫娘(生越千晴)も何故か男関係が上手くいかない。唯一飄々としているおばあちゃん(三田和代)、そして近所のおませな女の子。祭りの日に集結してしまった四世代に渡る女性たちが紡ぐ物語。

早霧さん演じるミドリは、東京に出てバリバリ仕事するあまり婚期も出産適齢期も逃してしまった??という、一歩間違えるとイタイ女性。…なんだけど、チギちゃんのカラッとした明るさに救われて楽しく見れちゃいました。

もちろん、その他のキャストのみなさんもそれぞれ素敵で、私自身、女子であることをもっとチカラを抜いて楽しんで良かったのかなぁと素直に思える舞台でした。ちなみに「まほろば」って「素晴らしい場所」を意味する古語なんですね(Wiki調べ)。

キャストの体調不良(もちろんチギちゃんではない)で初日から公演中止というアクシデントもあり、関係者の皆さんは本当に大変だったことと思います。順調に再開したみたいで本当に良かったです。

 

F4b9d661edb04efd9274033b55a7a179 

« ライムライト | トップページ | 映画・演劇人の手紙展 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライムライト | トップページ | 映画・演劇人の手紙展 »