発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 新企画!「タカラヅカ千夜一夜物語」 | トップページ | 「イーハトーボの劇列車」 »

2019年2月 1日 (金)

こまつ座「どうぶつ会議」

ひさびさこまつ座さん。
あの!ケストナーさんが原作のお話です。
何となく子ども向けかなぁという気もして実際そういう感じもしたし、かなり直球で教訓めいたお話でもあったのだけど、それでも何だか面白くてたくさん笑って、とても楽しんでしまった!



(以下ネタばれ)

世界中の動物たちがアフリカに集まって会議をして、子どもたちの幸せのために戦争をやめ公害をなくすよう大人たちに要求していくというお話。
でも実はガチ参加型作品でして、客席みんなで歌う場面もあり、その参加度合い次第で結末の雰囲気が全然変わってきそうな、ある意味リスキーな作品でもあります。
幸い今日の客席は大人も子どももノリノリで大盛り上がり! もちろん私も積極参加してきました♪

動物たちの衣装もさながらライオンキングの如く工夫されてるし、音楽に民族楽器の音色が混じるのも新鮮な感覚。
「そんなカンタンに言われても現実はねぇ」と冷めた口調で返してしまいそうなベタなメッセージも、こうした楽しい仕掛けがあるから素直に入ってくるのかも。それも舞台のマジックなのかも。

痛烈な人間批判なのに、何故か客席にいる人間たちを信頼したつくりになっているのが、この作品のフシギなところで後味の良さなのかも。人間も捨てたもんじゃないなって思えるような…。
終演後にパンフレット購入されている方も多かったです。

タカラヅカネタとしましては、大空ゆうひさんがライオンに扮していてびっくり!
リーダー格のライオンで、動物たちを仕切る姿はやっぱりかっこ良かったです💕


« 新企画!「タカラヅカ千夜一夜物語」 | トップページ | 「イーハトーボの劇列車」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新企画!「タカラヅカ千夜一夜物語」 | トップページ | 「イーハトーボの劇列車」 »