発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 町田でタカラヅカ! | トップページ | あけましておめでとうございます »

2018年12月26日 (水)

愛犬ポリーの死、そして家族の話

以前よりちょっと興味ありの根本宗子さんの舞台@本多劇場。
まずは客席の男性率の高さにびっくり!過半数は絶対いる。もしかして7割近くいっているんじゃないか? いつも見慣れている女性ばかりの客席とは異質な雰囲気に戸惑ってしまう。

プログラム買わなかったので少し詳しめにストーリーをメモしておきます(ちょっとネタばれ)。
主人公は4人姉妹の末っ子の花ちゃん。
3人の姉は既婚だけど、それぞれとんでもない男に捕まってしまっている。
長女のダンナは常に文句ばっかり言っている男尊女卑のデブ男(しかし彼が3人の中では一番普通)。次女のダンナは「性の処理」まで母親任せという超絶キモいマザコン男。そして足の不自由な三女は「家で一緒に家事をやってくれる男性」を望んだところ、その通りの仕事に行かないヒモ男に捕まってしまい、しかも常に浮気に悩まされている。
そして末っ子の花ちゃんは、愛犬ポリーしか心許せる友達がいない22歳だ。

そんな花ちゃんが愛犬ポリーの死と入れ違いに出会ったのが、愛読していた小説の作者でもある作家の鳥井先生。なぜか先生にだけは心が開ける花ちゃん、あっという間にただならぬ仲となってしまう・・・だけどこの先生も姉たちのダンナに輪をかけたクズ男。花ちゃんの話から足の不自由な姉にも興味を持ち、とんでもない事件を引き起こしてしまう・・・。

なぜ彼女の舞台にみんなが惹きつけられるのかがなかなか言語化できないけれど、漠然と感じるのは「潔さ」そして「軽やかさ」なのかな。
決して軽くないテーマを扱っているのに、でも、なんだか面白い。とっても楽しみながら演劇が作られている感じがする。
そして、主人公の花ちゃんの恋愛に対する姿勢がとても純粋で、それでいて自立的なのが素敵だと思いました。
(この役をやっておられる藤松祥子さん、もともと決まっていた人が体調不良で降板になったみたいでピンチヒッターなのですね。全然そんな風に感じなかった!)

本日珍しく昼夜ダブルしてしまったのだけど、昼の公演が申し訳ないけどうーん・・・な感じでどっと疲れてしまい、まずいこのまま風邪ひいちゃいそうっていうかなり最悪な状態で臨んだ夜の観劇だったけど、観たら元気になってしまった!
やはり舞台はナマモノで観客の体調にも甚大なる影響を及ぼすみたいです。


« 町田でタカラヅカ! | トップページ | あけましておめでとうございます »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 町田でタカラヅカ! | トップページ | あけましておめでとうございます »