発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« こまつ座『母と暮らせば』 | トップページ | 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! »

2018年10月 6日 (土)

魁(さきがけ)講座その後

母校徳山高校での魁講座(9/19投稿参照)、生徒さんからの感想をお送りいただきました。
読んで最初に思ったのは「みんな、ちゃんとした文章が書けてる!」ということ。
職業柄で上から目線な言い方で恐縮なのですが、日本語としてちゃんとしていて、それでいて賢しすぎず、等身大な自分の言葉で書けてる。
「ああ!この高校で自分も学べて良かった」と素直に誇らしく思えました。

大別すると、
・芸術、表現系の仕事に興味があるのだが、目指していいものか自信がない、あるいは親からは堅実な道を勧められる。
・やりたいこと、興味があることがたくさんあるのだがどうすればいいか? 進路が決められない。
・自分にはやりたいことがない。こんな私はダメなのか?

…の3パターンに分けられるようです。
具体的に自己開示してくれてる人もたくさんいました。叶うなら一人ひとりの続きを詳しく聴いてみたい!
キャリア系の人が大好きな、クランボルツの「計画された偶発性理論」をちらっと紹介したのですが、これはめっちゃ響いたみたいです。

今の私、とても人生の良き手本とは思えませんが、色んな事例を知ること自体は参考になるでしょうし「反面教師」という言葉もありますから、いつかどこかで何かの役に立てば嬉しいなぁと思うばかりです。

(以下余談)しかし!!
今回は講座の趣旨に沿ってタカラヅカそのものの話はほとんどしなかったのです、断じて。
パワポのスライドをちらっと一枚見せたぐらい。

…それなのに、
「タカラヅカのことをとても楽しそうに話しておられるのが印象的だった」
との声がいくつか。さらには、
「私も一度観てみたいと思った」
という人が2人もいた!!

図らずも布教活動してしまう私っていったい……(^-^;


« こまつ座『母と暮らせば』 | トップページ | 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こまつ座『母と暮らせば』 | トップページ | 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! »