発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! | トップページ | まさに世界の終わり »

2018年10月16日 (火)

演劇実験「根本宗子」 第一実験室『コンビニ』

前々から気になる存在だった根本宗子さんが何やらオモロそうなことをされるということで、行ってきました!

同じ30分ほどのお芝居を「草」と「肉」の2チームが連続して上演するという試み。
草チームの二人はストプレ系の役者さん、肉チームはその名の通りダンス系の肉体派。
チームに合わせて演出も変えるので同じ脚本なのにまったく違うお芝居となり、観客はそれを見比べられるというわけ。

客席に座ると、すでに4名が舞台上に。開演前の過ごし方の違いから見せようという趣向で、熱くウォームアップに励む肉チームとボソボソ会話してるだけの草チームがすでに対照的(笑)

コンビニで、超イヤな奴のバイトリーダーの若造が39歳の使えない新入りをいじめまくっている。でも、やがて少しずつ立場が逆転していき…という展開。
草チームバージョンはとにかく観ている方もつらくていたたまれなくなるのに、それを肉チームがやると終始一貫笑いの渦に!
同じ脚本がこれほどまでに別物になるとは!!

観てて思ったのは、日常のさまざまな場面も、もしかして捉え方次第で草チームのようにも肉チームのようにもなるのかも、ということ。

なんといいますか、「もっともっと自由でいいんだ〜〜!」と思ってしまった。
観る側も心が解き放たれるような、気持ち良い舞台でした!


« 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! | トップページ | まさに世界の終わり »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カヅラカタ歌劇団」の本気を観た!! | トップページ | まさに世界の終わり »