発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 台風に負けず花組&宙組 | トップページ | 懐かしの「凱旋門」語り »

2018年8月 3日 (金)

ハッスルハッスルハッスルハッスルハッスルメイツ!

観てきました!! 和希そら君がセンターで踊っている姿がただただ嬉しい(*^^*)
と同時に、ワタシ的にはブレない石田先生テイストが不思議と心地良く感じられる舞台でもありました。

過去のの宙組作品キャラが登場してトークする場面など恐れを知らぬKitschさで、「やっぱ石田先生だよね」と言われることを敢えて狙っているとしか思えず…もしかしてそれは現状に一石を投じる意味も込められているのかしら?と思ったり。
(…にしてもまっぷールイ16世は最高ですwww)

もしかして観客に媚びる系の演出に食傷気味だったのかも私。ふとそんなことも思ってしまったのでした。


« 台風に負けず花組&宙組 | トップページ | 懐かしの「凱旋門」語り »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風に負けず花組&宙組 | トップページ | 懐かしの「凱旋門」語り »