発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« NTライブ「ハムレット」 | トップページ | 「凱旋門」気持ちを切り替えるための極私的振り返り »

2018年8月21日 (火)

ハイバイ「て」

オススメされましたので、観てきました。

認知症の祖母の元、バラバラになっていた4人兄妹が久々に集うという話。リアリストぶる兄とお調子者の弟、何事も綺麗にまとめたい姉とクールな妹、久々の再会なのに喧嘩ばかりの子どもたちを黙って見守る母、元DV男の父、そして何故か修羅場に巻き込まれてしまった赤の他人の前田君www……至るところに家族あるあるが散りばめられた物語。

客席が舞台の双方にしつらえてあり、同じ場面を色んな人から色んな方向から描く手法が面白い。おかげで、あ〜この人の立場だとそうだよねぇといちいち共感したり発見したり。
最初は何でイヤな奴!と嫌悪していた兄貴が最後には一番愛おしくなってしまったのは自身の長男長女気質ゆえでしょうか。逆に「この人まじウザい!」と思っちゃった人もいたけど、それも彼彼女なりに良かれと思ってのことなのでしょう。

家族は大事にしたい、しなきゃいけない。でもそのやり方が人それぞれだから上手くいかない。でも気持ちは確かに同じなの…かな? 大変だけど頑張ろう…って何を?
なんだかそんなことを改めて思う作品でした。



« NTライブ「ハムレット」 | トップページ | 「凱旋門」気持ちを切り替えるための極私的振り返り »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NTライブ「ハムレット」 | トップページ | 「凱旋門」気持ちを切り替えるための極私的振り返り »