発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« あの「ナイツテイル」 | トップページ | ハッスルハッスルハッスルハッスルハッスルメイツ! »

2018年7月28日 (土)

台風に負けず花組&宙組

台風をものとせず大劇場花組→宙組ウエストサイドストーリーのダブル観劇を強行してきました!

「これは良い原田」から「やっぱり原田」(敬称略で失礼します)まで、あるいは「邪馬台国より全然面白い!」から「邪馬台国…(無言)」まで、じつに幅広い評を聞いていた「メサイア」。
なるほどどの言い分もわかるような作品でした。でも個人的にはすごく楽しめたから全て良しですっ!!

伝説のヒーロー天草四郎が海の男だった設定は、ワタシ的にはどストライクゾーン。
徳川幕府がまさに権力を固めようとする時代の、さまざまな立場の人たちの生き様を描いたドラマとして見応えがありました。大階段をフル活用した「島原の乱」の見せ方もタカラヅカならでは!

…こうして書きながら振り返るとやっぱり私はメサイアかなり好き派なのかも。

ショー「BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-」はいわゆるタカラヅカのショーの美味しいところを盛りに盛りましたって感じ。その分、アフター観劇時のネタにしたくなるようなツッコミどころも満載で、その意味でも美味しい作品と言えるでしょう(笑)

…からの宙WSS。
役替わりキャストの新鮮さもさることながら、東京公演から引き続きの人たちがそれぞれの役をより自分のものにしている分、より今のメンバーらしい作品になっている気がしました。真風トニー、星風マリア、そして蒼羽りくくんのチノ、若手だとベイビージョンの秋音光くんなど。

注目の桜木アニータ、優しさと包容力、母性的なものが滲み出ていて、東京の和希アニータとはまた違う「いい女」でした。この役で開花したものが今後の男役にも繋がっていくと良いなぁと思っています。

…というわけで、台風に負けず無事に観劇できたことに感謝。


« あの「ナイツテイル」 | トップページ | ハッスルハッスルハッスルハッスルハッスルメイツ! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あの「ナイツテイル」 | トップページ | ハッスルハッスルハッスルハッスルハッスルメイツ! »