発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「シークレット・ガーデン」 | トップページ | ビールに餃子に天草四郎 »

2018年6月28日 (木)

「フリー・コミティッド 」

上演時間1時間半と聞いていたのが、本日初日に伺ったら「約2時間」になってたよ(笑)、成河さんのひとり芝居「フリー・コミティッド 」

俳優を目指すサムは、ニューヨークの超高級レストランの予約係として今日も鳴り止まない電話に追いまくられる日々。セレブ客は我儘言いたい放題だし、シェフはパワハラ、同僚たちもみんなちょっと意地悪、要するにかなりブラックな職場。故郷の父親のことも心配だし、オーディションの結果も気になるし……。

そんな感じで前半かな〜り長い間、まるで現代を凝縮したような時間が続きます(ツライ!)。でも、それがある瞬間、ふっと変わるんです。
…それが何かはうまく言えない。もしかすると回によっても、人によっても感じ方は違うのかも知れません。でも、あの瞬間をもう一度感じたくて、私はまた劇場に足を運んでしまうのです、きっと。

で、この作品、私はひとつのハッピーエンドなのだと思います。何というか、人生の潮目の変え方を教えてくれたような気がしたのでした。

「人生は自分の力で変えられる、それも、ほんのちょっとしたことで!」

と、ここまで書いていて、これが2時間ぶっ通しでひとり38役演じられる舞台だってこと忘れてましたね〜。
もちろん、この密度の濃いお芝居をたったひとりでやっていることも凄いけど、それを忘れさせてくれちゃうところがもっと凄いな。

それにしても、これを1カ月近くやって、しかも1日2公演の日もあるなんて。この過酷な耐久レースを走り切った後に見えるのはどんな景色なんでしょうか。


« 「シークレット・ガーデン」 | トップページ | ビールに餃子に天草四郎 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「シークレット・ガーデン」 | トップページ | ビールに餃子に天草四郎 »