発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 私が一番楽しい!?「タカラヅカ流世界史」講座 | トップページ | 唐組「吸血姫」 »

2018年5月30日 (水)

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

ナショナルシアターライブで見てきました。
トム・ストッパードの「「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
演出がデヴィッド・ルヴォー。

「ハムレット」の中で「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の一言で片付けられてしまっている2人を主人公にしたお話。
だいたい、どっちがローゼンクランツでどっちがギルデンスターンかさえもよく区別がつかない、そのくらいどうでもいい存在感な2人(2人のうちツッコミ役的な方がローゼンクランツで、この役がハリーポッターのダニエル・ラドクリフでした)。
戯曲的には確実に死が待っている、そのことに二人も薄々気づいている・・果たして二人の運命やいかに!?

とはいえ、1幕の途中までは延々と言葉遊びのような会話劇が続き、笑いのツボも7割は理解できず、ワタシ史上最高にわけわかんない作品かもと思いながら「忍」の一文字で観てたのですが、1幕ラストから俄然面白くなった!

劇中にイカサマな旅芸人一座が出てきて、彼らがハムレットのパクリの芝居を見せます。
この効果で、途中から何が現実で何が虚構かがわからなくなってしまう…まさに虚実皮膜とはこのことか!?

本筋と劇中劇、二重の構造があるのですが、途中、外側の舞台がまるで現実世界のように感じられた瞬間があったかと思えば、内側の舞台が現実に感じられた瞬間もあり、揺さぶられまくり。でも結末は現実世界をも救う演劇の力を感じさせるもののように私には感じられました(畳み掛けるような終わり方だったので、見誤りだったらゴメンなさいなのですが・・・)。

それともう一つ思ったこと。
戯曲上は死に向かっていく2人の運命は、物語の中の特別なことではない。よく考えたらこれ、すごく普遍的なことじゃないかと。死に向かって一直線に向かっているのは人間誰しも同じなのだから…と、そう感じて慄然とした瞬間もありました。

でも、「良いもの見せてもらった〜」と思えた時って結局は元気になれます!
マニアックな映画だと思うんですけど、その割にはお客さんの入りも良くて、ほぼ満席になっていました。

« 私が一番楽しい!?「タカラヅカ流世界史」講座 | トップページ | 唐組「吸血姫」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私が一番楽しい!?「タカラヅカ流世界史」講座 | トップページ | 唐組「吸血姫」 »