発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« TERROR テロ | トップページ | 本を整理した »

2018年1月28日 (日)

月とサンポーレ‼︎

宝塚・元月組のるんぱさん、こと真山葉瑠さんが初めて作・演出にチャレンジされた舞台を見せていただきました(*゚∀゚*)

サンポーレって何?と思ったら、タカラヅカのパレードておなじみの「三方礼」のことなんですね。
客席には何と!写真のようなお手製シャンシャン(パンダじゃないよ)が配布されており、元タカラジェンヌ指導による「三方礼」のお稽古からスタート。これまで何百回何千回と見てきたはずなのに、こういう手順でこういう振りなんだ〜〜と、改めて知ったのでした。

出演者は、
美原志帆さん(72期、真山さんと同期)、美郷真也さん(74期)、嘉月絵理さん(75期)、星野瞳さん(76期)、成瀬こうきさん(77期)
…と、全員が元月組に在籍されたメンバー。

前半がバラエティー、後半は歌中心のショーという構成。前半は、おもしろ「タカラヅカあるある」エピソードのショートコント。自主稽古のための自主稽古が延々と積み重なる「自主稽古の恐怖」、レミゼのワンデイモアの替え歌による「組替えソング」、トップスターが背が低かった時の気遣いを描いた「ちびトップスター」「娘役はツライよ」などなど、夢の世界を壊さないギリギリのところの狙い方が絶妙で、さすがは鬼才るんぱさんでした! とくに、ショーの早替わり実演がすごかった! いろいろ大変なことはあるのだろうけど、こうやって夢の世界は作られていくんだなぁと逆に胸熱になっちゃいました。

在団中味のあるお芝居を見せてくださった方ばかりなので、後半のショータイムではそれぞれの方の懐かしい舞台の思い出が蘇りました。選曲も月組初演のミュージカルナンバーなどが続き、組ファンの方々には応えられかったのでは? そして今、それぞれの道で頑張ってらっしゃる様子も伺えてまたまた胸熱でした!

とても楽しく、また一ファンとしても貴重な体験ができたひとときでありました。再演希望です。




写真撮影タイムもあったので撮ってみたのですが、例によってイマイチな出来ですみません(>_<)

« TERROR テロ | トップページ | 本を整理した »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TERROR テロ | トップページ | 本を整理した »