発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ネパール旅日記その4 食の巻 | トップページ | こまつ座「きらめく星座」 »

2017年11月 5日 (日)

ネパール旅日記その5 花の巻

ネパールを象徴する花、それはマリーゴールドではないかと思います。
(国花はシャクナゲだそうですが)
とにかく、どこに行っても咲いている。
家の庭先でも育てているし、ホテルの玄関も華やかに彩っています。
ホテルなどで育てられているものは日本でよく見かけるものより大きくて丸くて一層ゴージャス! 枯れた花は全て摘み取られ、きちんと手入れされている感じがとても気持ちいい。

祭りの時などはマリーゴールドの花を摘み取ったものに糸を通して繋げたもので玄関を飾ったりもするようです。
グルやシャーマンの儀式のお供えで使われていたのもマリーゴールドでした。
私たちがカトマンズに到着した時も、マリーゴールドで作ったレイを首にかけて歓迎してもらいました。

私ごとですが、今年から突然ガーデニング(というかむしろ園芸部活動)に勤しむようになりました。
ところが、日当たりも悪く土も痩せているうちの庭ではなかなかうまく育つ植物がない・・・。
そんな通称「サバイバル・ガーデン」でも常に元気良く花を咲かせ続けてくれたのがマリーゴールドでした。
帰国してみたら二度の台風のためてんでバラバラな方向に倒れていましたが、それでもなお元気に花を咲かせてくれています。強い花です。

ネパール語では「サイパトリ」と言うのだそうです。
ポカラのホテルの方が教えてくれました。
マリーゴールド、より一層思い入れの深い花になりそうです。


カトマンズのホテルの庭先。大輪!


こちらはポカラのホテル。枯れた花ガラは全て摘み取られて、手入れが行き届いているのに感心してしまう。


タンセンからポカラに向かう途中の休憩所の片隅で。
ちょっとしたところにもよく植えられている。


各家庭の玄関を飾っている花はどこで手に入れるんだろうと思いきや、カトマンズ・アサンチョークの市場でちゃんと売られていた。



*ネパール旅日記はひとまずこれでおしまい。
混沌の世界から秩序の世界に戻った今、ネパール・クライシスがじわじわと…。変わる自分を楽しんでいきたい今日この頃です。

« ネパール旅日記その4 食の巻 | トップページ | こまつ座「きらめく星座」 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネパール旅日記その4 食の巻 | トップページ | こまつ座「きらめく星座」 »