発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ちぎちゃんSS | トップページ | 中日文化センター「タカラヅカ流世界史」 »

2017年11月16日 (木)

「ちょっと、まってください〜〜〜!!」事件

自慢じゃないけど(いや、自慢だけど)、こと観劇に関しては異常なまでにパンクチュアルな女Sである。
今まで遅刻したことが3回ぐらいしかないし、その3回とも、どの作品で何故遅刻してしまったのかを詳しく覚えてる。
もちろん、ドタキャンなんてもってのほか、なのだ。

それが・・・・・今日はやらかしてしまった〜〜〜〜〜
今晩19時からの観劇の予定を、すっかり忘れてしまっていたのである。

気がついたのが、19時10分。
うわああああああ〜〜〜〜、さすがに心折れそうになった。

でも、ドタキャンは私の矜持が許さない。
たとえ遅れても劇場には駆けつけるべきだわ。
そう心が決まってからの私はすごかった。20分後の19時半には劇場にいたのだ。
(まぁ、近かったのもあるが、それにしても普段の私からは信じられない迅速さだった)

「ちょっと、まってくださ〜〜〜〜い!!!」
てな感じで駆け込んだその作品のタイトルは、まさに「ちょっと、まってください」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いるナイロン100℃の久々の新作公演だった。

結論から言うと、観られて本当に良かった!
ケラさんの作品はこれまで何本か観たけれどナイロン100℃は初めて。
ケラさんワールドの原点を見た気がする。
これほど意味不明なのに意味深な世界を生み出せるとは!
ナンセンスなセリフの応酬がしつこいぐらいに続くのだけど、それをちゃんと成立させて客席を笑いの渦に巻き込む役者さんたちもすごい。

3時間10分(休憩たったの15分)の長丁場だったので30分遅れも誤差の範囲ということで。
いやそれにしても、やっぱりエンゲキのためなら頑張れるんだな、私。
どうでもいい事件かもしれないけど、今日の決断が今後の人生を決したような気がしないでもない。


« ちぎちゃんSS | トップページ | 中日文化センター「タカラヅカ流世界史」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちぎちゃんSS | トップページ | 中日文化センター「タカラヅカ流世界史」 »