発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« もんもちプロジェクト「天守物語」 | トップページ | ネパール旅日記その1 山の巻 »

2017年10月14日 (土)

わたしが悲しくないのはあなたが遠いから

日経MJコラム執筆がご縁で知った「ままごと」柴幸男さんの脚本。フェスティバルトーキョーの目玉作品のひとつでもあります。

東京芸術劇場のシアターイーストとウエスト。隣り合ったふたつの劇場を使って同時進行で物語が進むという斬新な趣向。いわば隣の劇場は「あっちの世界」。時折、あっちとこっちのやり取りがあったり、あっちの世界の人が飛び込んできたり、こっちにいた人があったの世界に行っちゃったり、それも不思議な感覚。そしてずっと拭いきれなかった「しょせんひとごと」感を見事にぶち壊される衝撃のラスト。

どんな自然災害で大惨事になっても、どんなに怖いテロ事件が起こっても、当事者でない限り「しょせんひとごと」感は拭えない。その感覚自体に罪悪感を覚えつつ、必死で共感してみようとしたり、でも心のどこかでホッとしてみたりする。
そんな感覚が見事に舞台化されていました…。

(以下は今日思ったことのメモ)
このところ小さな劇場の演劇も観るようにしていますが、大劇場での商業演劇とは観客が求めるものが違うし、したがって当然伝え方の手法も違うんですね。より多くの観客に普遍的でわかりやすい感動をお届けするのが大劇場、もっと尖った個性的な表現の場が小劇場、受け止める観客側にも能動的な姿勢が求められるといいますか。

両者の間に横たわる断絶がずっと気になっていました。でも、どちらも演じる側と観る側に新たな関係を生み出す「演劇」であることに変わらないはず。だとしたらどちらの楽しみも味わえる方がより豊かなのでは、というのが現時点での想いです。そして、大劇場演劇は観客に媚びすぎるべきではないし、小劇場演劇は自己満足に陥ってはいけないのでしょう。




« もんもちプロジェクト「天守物語」 | トップページ | ネパール旅日記その1 山の巻 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もんもちプロジェクト「天守物語」 | トップページ | ネパール旅日記その1 山の巻 »