発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 風琴工房「アンネの日」 | トップページ | 八重洲ブックセンター本店8階がすごいことになってる件 »

2017年9月13日 (水)

All for One

月組公演。ムラに続いて二度目なのに新鮮な気分で大笑いし、壮大なる壁ドンにときめいて参りましたよ❤️

舞台において通常「予定調和」は避けるべきものですが、この作品は逆張りで、究極の予定調和が追求されてる感じがします。皆の「こうなって欲しい!」という願望があますところなく実現してしまう気持ち良さ!! しかもこの「予定調和」感、東京に来てますますブラッシュアップしたのでは?

ルイ14世は愛希さんにしかできない役だと思うけれど、それもまた受け止められる珠城ダルタニアンあってこそと思います。

細かいとこでは、不思議と目がいってしまう佳城葵さんのリュリとか、夏月都さんが女子に戻ったルイの手を握ってはけていくところとか、印象に残りました。

珠城ダルタニアンがリアル男子感十分のためか、外で男女版としての上演もできるのでは?と、ついつい妄想配役を考えてしまったりしております(笑) いやマジでできると思うんですけど。

※お約束のダジャレ公演デザート「ダルタニ杏仁 〜たべたいよう〜」


« 風琴工房「アンネの日」 | トップページ | 八重洲ブックセンター本店8階がすごいことになってる件 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風琴工房「アンネの日」 | トップページ | 八重洲ブックセンター本店8階がすごいことになってる件 »