発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 魔都夜曲 | トップページ | 社会学的ヅカトーク »

2017年7月19日 (水)

ビリーエリオット!

プレビュー公演初日観てきました。
以前、映画館でミュージカルライブを観た時の感動を長らく忘れていましたが思い出したよー! しかも、生の舞台はもっと良かった。
そうだ!これはきれいごとじゃない世の中のリアルと向き合ったミュージカルだった、芸術の価値、ビリーの煌めく才能が現実にまみれたオトナたちの心を動かす物語だったのでした。

セリフが九州弁?(正確に何処の方言なのか観た人教えてください)なのは、炭鉱町の話だからでしょうか。これは賛否ありそうですが、遠くイギリスの話ではなく身近な話に感じられ、ビリーの閉塞感も真に迫ってくる効果はあるような気がします。

ビリー役の前田晴翔くん、足長い! 小顔!!そしてイケメン!!! おまけにダンスも抜群!!!!
これはヤバイです、ブレイクしそうです。
今日はフィナーレ(っていうのか)がタップ中心の振付だったけど、各ビリーのバックグラウンドで少し変わったりするのかな。

その前田くんをスパルタ柚希礼音(ウィルキンソン)先生が教え導くくだりは痺れます。適役です。
しかも最後の最後にすべてをぶっ飛ばしてちえさんが持ってく一瞬あり。乞うご期待!
これも、島田歌穂さんバージョンだとどうなるんだろう。気になります…。

ラスト、ビリーは羽ばたくけれど、それは過去との決別でもあります。 オトナたちは今日も厳しい現実を生きて行かねばなりません。だからこそ才能というのは特別で眩しいものなのかな。不覚にも3回ぐらい涙してしまいました。

日本上演は子どもが主役なので難しいのかなと思っていたけど、実現して嬉しい!
他のビリーも観たくなってしまって、すぐさまチケット確保に走ってしまったのでした(^^;;



« 魔都夜曲 | トップページ | 社会学的ヅカトーク »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔都夜曲 | トップページ | 社会学的ヅカトーク »