発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ソール・ライター展 | トップページ | レミゼ30周年スペシャルウィーク! »

2017年6月 9日 (金)

愛死に@FUKAIPRODUCE羽衣

FUKAIPRODUCE羽衣は「妙ージカル」なるものを上演する団体なのだそうです。
何だ何だ〜?というわけで観に行って参りました。
「愛死に」@東京芸術劇場シアターイースト。
…で、思ったんです。確かにこれ「妙ージカル」だわ…と。

よくあるミュージカルでは、男女の美しい愛が描かれます。
でも、時々ひねくれたことを思うんですよね。
ハッピーエンドな結末の、さらにこの後、二人はどうなるのかな?とか。
この作品で描かれてない美しくない日常もたくさんあるよね〜とか。

そうやってミュージカルで封印されてきたものを一気に蘇らせたのが「愛死に」なんじゃないかと思ったんです。なるほど「妙ージカル」。
いわば、歌って踊る、愛の亡霊の物語ってところでしょうか。

かといって斜に構えてる感じではなくて、読後感ならぬ観劇後感(っていうのかな)も決して悪くない。
おそらく本質的なところでは、この作者は「愛」を信じてるんじゃないかなぁと信じられるところが気持ちの良い作品でした。

王道ミュージカルにちょっとお疲れ気味の方にもおすすめかも。


« ソール・ライター展 | トップページ | レミゼ30周年スペシャルウィーク! »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソール・ライター展 | トップページ | レミゼ30周年スペシャルウィーク! »