発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月27日 (木)

「化粧」(ネタバレ注意)

紀伊國屋ホールにて、平淑恵さんのひとり芝居「化粧」を観ました。
脚本は井上ひさしさん、演出は鵜山仁さん。
観られてよかった、凄い作品でした。

平さん演じるのは、大衆演劇一座の女座長・五月洋子。うらぶれた芝居小屋の楽屋が舞台。
初日の開演前、舞台化粧をしているところに、かつて自分が捨てた息子が今をときめくアイドルスターになって今日の芝居を観にきているとの報がもたらされます。
さらに本人だという人物も訪ねてきてしまい……。彼女十八番の演目も親子生き別れの物語。動揺したり喜んだり息子に甘えたり、激しく揺れ動く様を、ときに芝居の役になり切り、ときに素顔の母親に戻りつつ見せていくという趣向。
しかもこの人、女手ひとつで一座を取り仕切ってきただけあって一筋縄ではいかない図太い女でもあります。

これだけ多彩な顔を持つ人物をたったひとりで演じるだけでも凄いのに、大詰めに、さらにもう一つ仕掛けが明かされてびっくり!

(以下ネタバレ注意! これから観る人は読まない方がいいかも)

じつはこの芝居小屋、すでに取り壊し工事中で、楽屋も取り壊し寸前。
つまり、それまでの芝居はすべて狂った洋子さんの妄想の為せる技だったということ。
何と! ひとり芝居は芝居じゃなかった、リアルだったというオチだったのです。
ああ何たる多重構造!

「どうしてこの芝居には誰もでてこないのよー」という洋子さんの台詞、笑うところだと思っていたのがじつはそうじゃなかったとわかった瞬間の怖さときたら……ぎゃーーー!
それまで「素晴らしいひとり芝居」に見入っていたのが、狂人のリアルを見せる芝居に感服させられてしまうのでした。

いつか再演されるときにはまた観てみたいし、もし別の役者さんが演じられることがあるならそれも観てみたいと思わせる作品です。
客席には年配の方が目立ちましたが、皆さんそんな思いで来られているのかもしれないですね。


2017年4月26日 (水)

サクラパパオー@さいたま芸術劇場

突然ですが競馬の話です。

90年代の前半ごろ、ウイニングポストというゲームをかじっていた関係で、競馬に少しだけ詳しかった。
といっても競馬場に行って馬券を買ったりしていたわけではなく、馬の名前をあれこれ覚えた程度。

中でもお気に入りだったのがライスシャワーという馬。強かったけど最強にはなり切れず、どこか繊細で品のある感じが好きだった。ライスシャワーっていう名前もいいし、ぬいぐるみまで部屋に飾っていたぐらいだった。

ところがこの馬が1995年の宝塚記念で転倒し、骨折してしまう。
ガラスの脚を持つ競走馬は一度骨折するとどうせ生きていけないから安楽死させられるのだとその時初めて知り、唖然とした。
競走馬というのは愛すべき動物であると同時に傲慢な人間が作り上げた芸術品なのだと、そのときつくづく思ったのだった。

……以上、長くなったけどそんなことを久々に思い出してジワっと来ちゃった。
競馬的にいうと、第4コーナーぐらいから雑多な登場人物たちが一気に結びついて面白くなる。展開も競馬のレースみたいな作品だったな。

脚本は鈴木聡さんで初演は1993年。演出は今回、中屋敷法仁さんだ。
競馬ファンに限らず、何かに「ハマる」愚かさと楽しさを知っている人は共感できるところが多々ありそう。
もちろん私も(笑)

タカラヅカ時代の羽桜しずくちゃんこと中島亜梨沙さんがいい感じに活躍してて嬉しかったな。
魔性の女なんだけど、でもどこかしら清楚で純粋で、ぴったりの役。
そして網タイツのおみ足が綺麗だったな〜(*^^*)
(どこ見てるんだか)


2017年4月25日 (火)

タカラヅカ講座とスカピンクッキー!

去る22日はNHK文化センター青山教室のタカラヅカ講座でした。
昨年出版した「宝塚歌劇に誘う7つの扉」をベースに、タカラヅカと関連の深いジャンルへ繋がる扉を順に開けていこうという新シリーズ。
第1回は「タカラヅカ×ミュージカル」。
お馴染みの顔もたくさん見えて嬉しゅうございました。
これから順次扉を開けて参りますので、皆さまよろしくお付き合いのほどを‼️

で、で……今回も素晴らしかったのが、公演デザートならぬ「講義デザート」。
アイシングアーティスト新井知加子さん作のスカピンクッキーです〜〜〜〜❤️
こちらのページに制作過程が紹介されていますが……スゴイです((((;゚Д゚)))))))
もちろん、配った瞬間に皆さんからも歓声が!
これはテンション上がりますよね(*^^*)

ご紹介くださった田内 しょうこさん
ありがとうございました。




2017年4月24日 (月)

ドキュメンタリー映画「きらめく拍手の音」

縁あって、韓国のドキュメンタリー映画「きらめく拍手の音」の試写を見させていただきました。
監督はイギル・ボラさん。聴覚障がい者であるを持つ彼女が自分の家族のことを撮った、です。
拍手がきらめくって??
このタイトルの意味は冒頭に明かされます。
そうか、音のない世界の人たちにとっての拍手って「きらめく」ものなんですね。

淡々とした日常が綴られる80分。
でもその中でさりげなく描かれるドラマに胸を突かれます。
耳が聞こえない両親を撮った映画のようでいて、その実、ほんとうの主人公はそんな両親の元に生まれ、幼い頃から「音のない静かな世界」とそうでない世界、2つの世界を行き来せざるを得なかった監督自身なのだという気がしました。
撮らなければ前にすすめない、ボラさんにとってそんな映画だったのではないかな。

ラストの言葉がとても素敵だったのでメモ。
(ネタバレっぽいけれど、チラシにも書いてあったので・・)

「聴こえる世界と聴こえない世界は並行して時にぶつかるけど、どちらの世界もきらめいているんだ」

6月からポレポレ東中野で公開だそうですよ。


2017年4月23日 (日)

エジソン最後の発明

シアタートラム「エジソン最後の発明」観てきました。
脚本は青木豪さん。
こういう脚本書ける人ってすごいな。
日常がどんな風に見えるのかな?

町工場を経営する父(小野武彦)と、親の反対を押し切ってラジオのアナウンサーになった娘(瀬奈じゅん)、そして、その婚約者ただしバツイチ(東山義久)。
何というか、日常の中のエッセンスがギュッと凝縮されている感じがしました。
1時間50分の中で泣いたり笑ったりできる、とっても濃密な世界。
実際の日常はもちろんこんな濃密じゃない。
何気ない日常を切り取ったようでいて、実はものすごいフィクションだと思うのです。
でも、私たちの日常の中にもきっと同じような優しさや温かさ、そして可笑しさが詰まっているに違いないと信じさせてくれる…。

あーー演劇って、イイなぁと改めて感じる一作でした。

※追記
・東山義久くんって口笛のガチ名手なのね〜
・瀬奈さんのお兄ちゃん役の岡部たかしさん、「テラスにて」に出てたあの人か!


2017年4月22日 (土)

スタンプショウ2017行ってきた

スタンプショウ2017、昨日行ってきました。
今年は「ベルサイユのばら」とのコラボなのでタカラヅカファンも必見ですよ〜。
会場でベルばら切手やハガキも売っていて、ベルばら登場人物のの記念小型印(日替わり・本日はオスカル様)も押してもらえます。
昨日から明日日曜まで。会場は浅草寺のすぐそばなので、この週末に浅草散策とセットで是非❤️


2017年4月21日 (金)

実写版「美女と野獣」のオマケ追記

本日付の日経MJ連載で実写版「美女と野獣」のことを取り上げたのですが、記事には書ききれなかった、というか恥ずかしくて書けなかったミュージカルオタとしての吹替版のツボを以下にどうぞ(笑)

まず、冒頭いきなりタンス夫人濱めぐさんの美声が聴ける幸せよ〜〜〜。

「Be our guest」はやっぱり成河くんオンステージだったああ❤️
実写版のユアン・マクレガーさんには申し訳ないけれど、物語中ほとんど燭台の姿のままだから、私の脳内では完全に成河ルミエールでしたね。

別に魔法にかかっておらずずっと人間のままのガストンも、役者さんの顔立ちが吉原光夫さんを彷彿とさせるため(ていうか、吉原光夫さんのお顔立ちが洋風すぎるイケメンなため)、これまた私の中ではずっと吉原ガストンでした(笑)

山崎育三郎くん、野獣声どうするんだろうと思ってたけどがんばってましたね。ちょっと低音だけど王子らしさも残した絶妙な声色が素敵でした。昆夏美ちゃんの歌声が素晴らしいことは言うまでもありません。

そういえば私、もともと子どもの頃からこのお話が大好きだったな〜ということを、しみじみ思い出しました。大好きだった物語が、ミュージカル、アニメ、実写映画と色々な形で見られる幸せをかみしめております。

あっそういえばタカラヅカでもあったんだよね。
霧矢大夢さんが野獣でした。

2017年4月20日 (木)

イディオット・シンクラシー

とーーっても不思議なダンス公演を観てきました。
「イディオット・シンクラシー」
ていうかこれってダンスなの?って感じの、まさにイディオットな動きがずっと続くんです。
途中で「振る舞い酒」までありましたし。
(そんなわけで今日も禁酒の誓いを破ってしまった私)

でも、観ているうちに何だか頭の中のタガが外れたような気分になってしまいました。
もう、何でもアリでいいんだ〜って叫びたくなるような…。
それでいて感覚はいつもより鋭敏になってしまって、ちょっとしたことも可笑しくて笑ってしまうんです。

普段何かを感じたり考えたりしている部分より、もう少し奥の、より原始的な感覚を呼び覚まされた気がします。
コンテンポラリーダンスって最新鋭なイメージですが、それが逆に原始的なところに回帰しているのが面白いなと思うのです。

いつにない刺激をもらった1時間でありました。

2017年4月 9日 (日)

豊竹呂太夫さん襲名披露公演観てきたよ!

国立文楽劇場本日11時公演観てきました。
拙著「熱烈文楽」などで大変大変お世話になっております豊竹呂太夫さんの襲名披露公演です。
何と〜開演前のロビーに豊竹英太夫さん改め呂太夫さんご本人がいらっしゃいまして……ツーショットまで撮っていただいてしまいました❤️最高の記念! いつの日かお宝になるに違いありません✌️

襲名披露口上は太夫の部から豊竹咲太夫さん、三味線の部から鶴澤清治さん、人形の部から桐竹勘十郎さんがご挨拶されましたが、それぞれ呂太夫さんとのとっておきのエピソードを披露され客席は爆笑の渦に。
これまで何度か文楽の襲名披露を観ましたが、これほど笑い満載の口上は初めてのような。
やっぱりお人柄なのでしょうか。

そして襲名披露狂言は菅原伝授手習鑑から「寺子屋」。その前の桜丸切腹のところからの上演なので見応え充分。
結末を知っているだけに、松王丸や千代の表情が切なくて切なくて…といっても人形なので実際の表情が変わるわけではないのですが、それでも変わるように見えるところが文楽のすごいところなんですよね〜。
クライマックス、松王丸男泣き笑いの場面では私も思わす涙が…まさに胸をえぐられるような気持ちに。あれほど荒唐無稽な話なのに何故泣く自分。やはり日本人のDNAの為せる技なのか?
何のかんの言って「寺子屋」は名作だよと思い知らされたのでした。

六代目・豊竹呂太夫さん。
ご襲名ほんとうにおめでとうございます㊗️
こんな風にお祝いできるのがとても幸せ。
これからもお元気でさらなる高み目指してご活躍いただきたいです😋

※アイデアニュースにてインタビューもさせていただきました。よろしければご覧くださいませ(^-^)


2017年4月 8日 (土)

スカピン観てから語りました

NHK文化センター梅田教室のタカラヅカ講座でしたよ。
題して「観てから語ろう!」シリーズ。星組「スカーレットピンパーネル」11時公演を観て、梅田まで戻って講座。受講者同士でも語り合いましょうという、梅田教室ならではの「客席参加型」講座です。

皆さんタカラヅカ愛に溢れた方ばかりで、終始あったかい雰囲気に包まれてました。私もとても進めやすくて楽しかったです。
いつも講座終了後に希望者のみの懇親お茶会も開催していますが、梅田教室の担当の方が桜にちなんだ素敵なお菓子も準備してくださいました。
こちらにも結局全員参加してくださって……11時から夕方6時までの長丁場に皆さんお付き合いくださり、ホントありがとうございました〜〜(*^o^*)

皆さまの愛に支えられての講座、これからも続けていけると良いなぁ。



花のみちの桜も満開!
つかの間のお花見も楽しみました。

2017年4月 4日 (火)

リビング落語

渋谷のお洒落なカフェで落語を聴くという体験をして参りました。カフェごはんの後に落語という、プチディナーショーみたいな形態です。
詳細こちら

本日の落語家さんは春風亭一之輔さん。落語初心者な私ですが、ちょっと気だるい導入から次第にテンション上げていくペースが入りやすくて好きだなあと思います。あとは何ともいえないチャーミングな色気も素敵。ほの暗いカフェ空間にも不思議とマッチしていた気がします。

面白かったのは、色物を担当した「おしどり」というコンビ。ご夫婦での音曲漫才なのですが、奥様のアコーディオンに合わせて、ダンナさんが針金でいろんなものを作ってくれるんです(即興もあり)。プロフィールを参照するとその他にも多才多芸な二人みたい。いつも思うのですが、色物の方ってマニアックな芸一本で身を立てていて何というかホントすごいなぁと思います。

この後も、柳家喬太郎さん、柳家三三さんと人気の落語家さんが続きます。へぇ〜こういう落語もアリなんだぁとちょっと新鮮でした。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »