発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「ベルばら」を語ってしまった | トップページ | 行ってきました!ベルばら展 »

2017年3月10日 (金)

祝!新生星組本格始動

ここ最近ちょっと「遠征」しすぎなことは自覚しているのですが、どうしてもこの日のこの舞台はこの目で見届けたくて行ってきちゃいました。
紅ゆずるさんトップお披露目公演「スカーレット ピンパーネル」。

思えばこの作品の初演時、ピンパーネル団の端っこにシュッとしたイケメンがいる!と注目したのが紅さんを認識した最初でした(何度も言うが、お笑いから入ったのではないw)。
その後、じつはオモロイ人だと知り、フリーダムでランダムな紅5も大好きだった私としては今日の日は感無量。新時代のユニークなトップスターとしての活躍を期待しています。

「明るく楽しい」スカピンだなというのが今回の再演の印象。使命感と一途な愛を胸に秘めつつ、シュッとした部分とオモロイ部分のギャップが魅力的な紅パーシーでした。ちなみにアドリブ場面の数々はお披露目初日とは思えないスタートダッシュぶりで流石でした(笑)。この先も伸び伸びとフリーダムにやっていただきたい!

カテコのご挨拶では一筋の涙…。客席でも涙する人、そして「おめでとう!」の掛け声も。紅さんの思いと客席の思いが一体化したような空気感は、ほんとうにあの一瞬だけのかけがえのないものですね。一緒にいさせてもらえたことに感謝です。

いやはや……「終わり」もあれば「始まり」もある。
これほど気持ちの振れ幅の大きかった1週間は我がヅカファン人生でも初めてかも。


« 「ベルばら」を語ってしまった | トップページ | 行ってきました!ベルばら展 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ベルばら」を語ってしまった | トップページ | 行ってきました!ベルばら展 »