発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月22日 (水)

「皆、シンデレラがやりたい。」

今、この方が話題とのウワサを聞きまして、行ってきました。根本宗子さん。

売れないアイドルを巡る5人の女性の話でした。
金にモノを言わせて貢ぐファン、パートでコツコツ稼いで愛を捧げるファン、リアル彼女、そして…??
いやはや誰が一番幸せなのかなって考えちゃったな。
そしてファン心理の醜さと愛おしさ。
これは私自身にとっても身近な問題であるだけに、身につまされる…。
「あるある」満載の舞台空間、身近な現実を一歩引いて見てる感覚が新鮮な感じでした。

休憩なし1時間45分があっという間。
いや面白かった‼️


2017年2月11日 (土)

宙組大劇場&雪組バウ

大雪に恐れおののきながらの遠征だったけど、結果としてニッポンの新幹線の底力を痛感‼️ 運行に関わってくださっている全ての皆様に感謝します。

宙組大劇場、お芝居ショーともに大満足‼️
こういう二本立てが佳作なのは「タカラヅカかくあるべし」な感じでほんと気持ちがいいです(*^o^*)

「王妃の館」は愛すべきキャラクターがたくさん出てくるのがとにかく楽しい。それに何といっても朝夏さん新境地! くどすぎないコミカルさがいい感じ。ポスター見てちょっと変わってるなぁと思っていた髪型が、お芝居が終わる頃には必然に思えてくる不思議(笑)

ショーは適材適所て色んな人に活躍の場があるのがいいな。個人的にはソーラン宙組の男前真風さんとラインダンスのうらら様に目が釘付け❤️

そして、昨日観た雪組バウのことなども。主演2人をはじめまだまだ伸び代を感じさせるメンバーでの舞台だったけど、こういう律儀な感じのキラキラ感って今だけのかけがえのないものだなぁと思って、何度もありがとうありがとうって言いたくなりました。

眩しい主演2人に続く諏訪さきちゃん、日向春輝くん、縣千くんあたりにすごい頼もしさを感じたし、ここぞというところを締める愛すみれちゃん、叶ゆうり君の活躍もツボ。こういう職人がいい仕事してくれるところに雪組を感じてしまうのでした(*^^*)



※大劇場ロビーに展示してあった「パリゼット」の時の頭飾りですって。
今でも使えそう…。

2017年2月10日 (金)

すみれミュージアム

大雪におののきながらの遠征。新幹線ががんばってくれたおかげで思いのほか早くムラに着いたので、行ってきました。旧・宝塚音楽学校校舎にある「すみれミュージアム」。
一度訪ねてみようと思いながら、なかなか機会がなかったのよね。こんなにムラには来てるのに(笑)

入場料300円。音楽学校関係の資料と、過去作品のポスター展示が中心。ファン的に興味深いのは歴代の音楽学校生の卒業写真かな。

娘さんをタカラジェンヌに…との野望を抱いている方は一緒に行くとテンション上がるかも❤️


2017年2月 8日 (水)

シアターコクーン「陥没」

3時間15分の長丁場!(しかも休憩は15分!)
でも全然飽きなかった。食い入るように見続けてしまいました。
決して重いお芝居じゃない(KERAさんぽくない?)んです。客席は笑いが絶えないし後味もハッピー。でもすごく見応えはある。
不思議な面白さのあるお芝居でした。

たぶん、この心地良さの理由のひとつは登場人物がみんなユーモラスな愛すべきキャラクター揃いだからではないかと思います。
そしてキャストが皆さん巧い!!
終演後もお客さんが口々に「××さんって○○だったよね〜」と登場人物たちのことを語り合ってるのが楽しそうでした。

高度成長時代の話なんだけど、決してノスタルジックではなかったなぁ。
今「昭和」がやけにノスタルジックにセンチメンタルに語られるようになってしまったけど、この作品が描いているのが「昭和」であるならば、それは全然今と変わらないもののように思えました。
そう、いつだって人はギラギラと必死に生きてるし、人生はアホらしく、そして愛おしい……そんなところでしょうかね。

(それにしてもどうして「陥没」なんだろ? タイトルの謎は解けぬままです)


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »