発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 究極のタカラヅカ入門 | トップページ | ラスト真悟 »

2017年1月23日 (月)

どうでもいい感想

ミュージカル「手紙」観てきました。
東野圭吾さんの同名の小説を題材にしたオリジナルミュージカル。
ホント!素晴らしい作品だったんですよ!!
これはおすすめです。

ちゃんとした感想はいつかどこかで書くとして、でもその前にどうでも、しょーもないことを一言言いたくて、ここに来てしまいました・・・。

あの、吉原光夫さんの出所したその後が気になって仕方ないんです。
弟を大学に行かせてやる金欲しさに強盗殺人を犯してしまって刑務所に入っている兄の役なんですけどね。

やっぱり街の人にいじめられて教会に逃げ込み、銀の燭台をもらって改心し、市長にまで登り詰めたりするのかしら・・・

いや・・・・・ホントしょーもない話でスミマセンッッ!!!
ペコペコペコ。


« 究極のタカラヅカ入門 | トップページ | ラスト真悟 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 究極のタカラヅカ入門 | トップページ | ラスト真悟 »