発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« どうでもいい感想 | トップページ | シアターコクーン「陥没」 »

2017年1月26日 (木)

ラスト真悟

12月2日のプレビューで幕を開け、本日千穐楽を迎えた「わたしは真悟」。ひとつの舞台のスタートとゴールを見届ける体験を久しぶりにしました。
この間に原作漫画を読んだからか、私自身の記憶がぶっ飛んでしまったからか……全然違う、新しい作品に見えてしまった(^_^;)
もちろん公演重ねるごとに出演者やスタッフの手によってプラッシュアップされたことが大きいのでしょうけど。

プレビューの時より俄然わかりやすくなったら気がします。膨大な原作を2時間余にギュッと凝縮しなければいけない、その過程で物語や登場人物のエッセンスだけが抜き出されざるを得ない。それも舞台化の効果だなぁと改めて考えさせられました。舞台観た後で原作読んで逆にわかることもあるのかも知れません。

キャストの皆さんの「やり切った感満載(^_^)v」の笑顔を観られるのは、楽の客席の特権ですね〜。
皆さん進化しておられて素晴らしかった! 元気いただきました‼️


« どうでもいい感想 | トップページ | シアターコクーン「陥没」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうでもいい感想 | トップページ | シアターコクーン「陥没」 »