発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 柿喰う客「虚仮威」 | トップページ | 新年のマジメ »

2016年12月31日 (土)

観劇納めは「ギア」

日経MJの連載コラムで11月に取り上げた「ギア」を再び観に来ました。帰省の途中に京都に立ち寄ったのはこのため。
主な役どころが全て複数キャストになっているため「キャストによって全然違うであろうことが容易に推測できるから、また観たくなる」と書いたのはリップサービスではなかったのだよ!

大みそかというのに満席でキャンセル待ちの人もいました。客席に子どもも多くて、キャストもノリノリ。子どもの反応って素直だから怖いけど面白いよね。

どのキャストも良かったけど今日のお気に入りはブレイクダンスの人とマジックの人かな。マジシャンの彼に握手してもらえたけど、ビックリするほど手が冷たかったな。ちなみに前回はマジックとジャグリングの人がお気に入りでした。

さらに今回の方がチームワーク良く感じられて、それだけに結末が哀しかった〜。まぁ2回目だからというのもあるけれど、小芝居も楽しくて思い切り笑わせてもらいました。ノンバーバルでもここまで伝わるものがあるのが新鮮。いやノンバーバルだから余計に芝居心が問われるのかも知れません。

プロデューサーの小原さんに取材したとき「2回観たら、もう止まらなくなる」と言われたけど、その予言どおりになりそう。
また遠征のついでに別キャストを観に行きたいと思います。近くにいい感じの店も多くて周辺散策も楽しいのです。

観劇納めにこの作品を選んで良かった〜と、しみじみ。
2017年も素敵な舞台にたくさん出会えますように❤️



本日のキャスト。

« 柿喰う客「虚仮威」 | トップページ | 新年のマジメ »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿喰う客「虚仮威」 | トップページ | 新年のマジメ »