発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ミス・サイゴンその2 | トップページ | Play a Life »

2016年11月18日 (金)

扉の向こう側

朝日新聞デジタル「スターファイル」で対談取材させていただきました元雪組トリオご出演の「扉の向こう側」観て来ましたよ(^-^)

ホテルのスイートルームの一つの扉が過去へと繋がっている。この扉を行き来して、男たちに殺される運命にあった三人の女性が力を合わせて運命を変えていく、その様がとっても痛快。

でも、このお話の真髄は、最後の最後、すべてが解決した後にあるような気がしました。何というか…ちょっとした選択次第で運命は変わるし、もしかして変えられるのかもしれない、という希望なのでしょうか。

皆さん芝居巧者で、とくに女性三人が絶妙にハマリ役なのが長年の雪担にはツボ。
この話の要ともいえる賢い女性だけどそこはかとなくユーモラスなルエラは一路さんにぴったり。
まひるちゃん演じるチャーミングなジェシカからはタカラヅカ時代を懐かしく思い出しました。

そして、SMクイーンのお衣装でさえ品良くカッコ良く着こなしてしまうフィービー役の壮さん!
結局は彼女の人柄の良さが、彼女自身の運命を変えたんですよね〜。

単純なコメディではなかった、終演後しみじみとハッピーな気分になれるお話でした。

Copy_mg_3897

Copy_mg_4494

Copy_mg_4589

※撮影:岸隆子


« ミス・サイゴンその2 | トップページ | Play a Life »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミス・サイゴンその2 | トップページ | Play a Life »