発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 新刊発売のお知らせ『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』 | トップページ | 「やまぐち地酒維新」でうっかり日本酒解禁した話 »

2016年10月12日 (水)

遅ればせアラジンデビューとちょっとしたアクシデント

本日、遅ればせながらようやく劇団四季「アラジン」デビューしました。
何ヶ月も前に取ったチケットだったんだよぅ〜〜。
今日という日が無事に来て良かった!

で、前の用事も早めに済ませ、張り切って劇場に向かった私だったのですが・・・
あれれれれ??? 「アラジン」やってない!

・・・そう。
「アラジン」上演しているのは汐留の電通四季劇場海なのですが、私は間違えて浜松町の四季劇場に行ってしまったのでした。
着いたら「ライオンキング」と「マンマ・ミーア」しかやってなかったときの絶望感たるや(ー ー;)

おまけに、慌てて浜松町の駅に戻る途中にすれ違った男性に道聞かれるし・・・
「すみません。四季劇場にはどうやって行けばいいんですか?」
懇切丁寧に教えてあげましたよ。だって今行ってきたばかりだし。
しかしながら、もともと時間に余裕を持って動いていたので、開演5分前には何とか到着できたのでした。

「アラジン」さすがの面白さ!
ストーリー(意外と深い)、キャラクター設定、スペクタクル、そして楽曲、どれも素晴らしい!!
なんというかミュージカルファンとして初心に帰ったような気分になりました。

全然予習なしで臨んだのですが、ランプをこすったときイマドキ風にどんなすごい仕掛けで魔人が登場するんだろうとドキドキしていたら普通のおっさんが登場したのが私的にはすごく良かったです(変なツボですいません)
学生団体もたくさん入ってましたが、終演直後に興奮した女子高生が「先生、これヤバイよ!」と叫んでました。
これだけ人気があるのもよくわかりますな。

で、ふと思ったのですが、もしかして「アラジン」も2.5次元ミュージカル?・・・ってことにはならないんだろうか??
そのあたり、また考察してみたいところです。

14718844_1225785880828312_335669189


« 新刊発売のお知らせ『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』 | トップページ | 「やまぐち地酒維新」でうっかり日本酒解禁した話 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊発売のお知らせ『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』 | トップページ | 「やまぐち地酒維新」でうっかり日本酒解禁した話 »