発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016年9月21日 (水)

梅芸エリザ覚書

台風が接近する中、19〜20日で梅芸エリザ&花組バウの遠征してきました。
まさに「嵐も〜怖くは〜な〜い〜♪」状態(笑)

「アイラブアインシュタイン」も私としてはめっちゃ面白かったのですがその話はまた改めるとして、まずは梅芸エリザの感想メモです。

それぞれの役の皆さんが進化していて、やっぱり来て良かった!
以下はとくに印象に残ったことなどの覚え書き。

芳雄くんトート、何だかカッコ良くなったような…いえ、今までももちろんそうなのでしょうけど、さらに! 立ち居振る舞いに美しさが増したような気がします。

万里生くんフランツ、歳を重ねていくさまを声色で表現していく技がすごい!

成河くんルキーニは帝劇の頃に比べると良い意味でぐっと力が抜けて緩急自在ですね。そしてやっぱり最後は激動の時代おバカな方法で生きた証を残そうとした哀れな若者に見えたのでした(T_T)

涼風さんゾフィー、特に1幕はまだまだ女を捨ててないぞという美しさ。考えてみればこの頃のゾフィーって私と同年代かもっと年下かも。綺麗でいいよね〜(^_^;)

エリザ講座に備えて色々と調べた後だっただけに、タカラヅカ版との違いもさらに発見できて面白かったです。

・フランツ登場の場面、ルキーニは「ああ、帝王っていやもう一人、ウィーンの宮廷には若くてハンサムな…」って言ってなかった。
・シシィがフランツに最後通告を突き付ける場面、トートがシシィを誘って拒絶された時、タカラヅカ版ではドアから出た後トートがガックリ落ち込みますが東宝版はなし。
・これは今更の気づきですが…シシィの体操室の場面でまたしても拒絶されたトートがダメ押しの「愛と死の輪舞」を歌いますが、これも東宝版はなし。

などなど。
やっぱりタカラヅカ版はシシィをめぐるトートとフランツの恋愛バトルとしてしっかり描かれているのだということを再確認したのでした。

14333795_1201888016551432_553484174


2016年9月17日 (土)

エリザベートを語り倒す!

本日は恒例!NHK文化センター青山教室でのタカラヅカ講座。
お題は「エリザベートを語り倒す!」でした。

百戦錬磨のエリザマニアの方々がいらっしゃるに違いないと思い戦々恐々としておりましたが、蓋を開けてみたら私自身がかなーりのエリザマニアだったってことを再発見いたしました(笑)

どうやら私、いつにも増してアツく語っていたらしいです(受講者の方談)。
自分ではまったく自覚ないんですけどね〜。
好きなことを語るときはアツくなるし、イケメンを取材するときは顔がほころんでしまう。
いつだって自分に正直に生きてる私なのでした。

おかげさまで好評だったみたいですが、これもひとえに「エリザベート」という作品自体が持つパワーのおかげなのかなと思います。
準備のためにいろいろ調べたり資料まとめたりする作業もまた楽し!でした。
連休の貴重な1日を費やしてご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

☆次回は12月11日(日)にタカラヅカ×ダンス(雪組)やります。

☆これまた恒例となりました田内しょうこさんの講義デザートは、ショムローイ・ガルシュカという、ハンガリーのお菓子。ティラミスのチョコバージョンみたいなお菓子。お酒が効いて口当たりも良く、とーっても美味しかったですよ〜
14316704_1200112920062275_122946884


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »