発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月30日 (木)

轟ルキーニと成河ルキーニ

東宝「エリザベート」本日ソワレ観てきました。
今日はあえてこんなお題で書くことをお許しください。
以下は、20年前(1996年)に宝塚雪組エリザ初演を観て、轟ルキーニと出会って人生変わり、そして20年後の今年、成河さんのこれまでの幾つかの舞台を観て、今日のルキーニにものすごーーーく期待をしていた、要するに「ルキーニ」という役に思い入れありすぎな一観客の、「極私的な戯言」ということでお読みいただければ幸いです。

正直、幕開き数分間は面食らったんですよね。
このルキーニをどう受け止めたらいいのか、わからなかった。
だって声高いし、衣装や役作りのせいもあって何だかずんぐりむっくりして可愛いし(笑)
(写真の方が絶対かっこいい)

でも、すぐに気が付いた。
轟さんのルキーニは「見て愛でるもの」だったのに対し、成河さんのルキーニは「自分の魂を乗り移らせて(?)一緒に楽しむもの」だということに。
ルキーニに乗り移ったつもりで一緒になって見回すと、ハプスブルクの黄昏がすごく面白く見えてくる。
ルキーニに大注目なはずなのに、なぜかオペラは使いたくない。ルキーニの一挙一動は必ず視界に入れつつ、ルキーニと一緒になって舞台全体をくまなく見渡していたい気分になるから不思議。

さらに、この調子で他のキャストの組み合わせだとどう見えるのかにも興味が湧いてきちゃう。
こんなチケット難なのに・・・罪なルキーニちゃんですこと(笑)

さらにさらに、「宙組エリザもがんばれっ!」って、突然思ってしまった。
なんだかんだいって、私にとってのエリザは過去20年間ずっと「雪組初演版」が神で基準で、結局そこから比べてあーだーこーだーっていう見方しかできてこなかった気がする。
だけど、そうやってうかうかしているうちに東宝エリザだって格段に進化していて、男女いるから表現できる魅力もどんどん増していて、今、タカラヅカのエリザはタカラヅカなりの存在価値が問われていると思う。
今年の宙組は正念場だな!

成河さんルキーニは、ハプスブルク帝国の黄昏と帝劇1800人の観客を手のひらで転がしまくっていて、とても楽しそうに見えた。常に周囲とは違う空気感を醸し出す傍観者であり続けたけれど、その距離感も場面場面で違っていて、ミルクの場面なんかでは完全に民衆に溶け込んでいた。たぶんこのルキーニはどちらかというと民衆の味方なんだと思った。それから、子どもルドルフに向ける目線だけは優しい。場面ごと、相手ごとでの自由自在感がすごかった。

…でも、最後は「この人も元は普通の幸せを望む小市民だったのかも」って思わせる哀れなテロリストだった。彼もまた、混迷の時代の中でトート閣下に踊らされた一人の人間だったのだ。ルキーニという人物が初めて血の通った男に見えた。

なんというか、20年の時を経てようやく雪組初演版エリザ&轟ルキーニの呪縛から解き放たれた気がしている。
でも、今日の「Kitsch!」や「ミルク」が私にとって特別に感慨深いものだったのもまた事実。
こんな出会いがあるから舞台は面白い、ですね。

13529133_1128334897240078_822747014


2016年6月28日 (火)

「コペンハーゲン」@シアタートラム

「自分がやっている核開発の研究がこれ以上進んでしまったら原子爆弾という殺戮兵器が実現してしまうかも」
「でも、自分がやらなかったら敵国にが先に原爆をつくってしまい、祖国が危うくなってしまうかも」

もし、そんな状況に陥ったら、どうしますー?
って、凡人は絶対にそんな状況に直面しないから悩む必要もないんですけど。

これ、ドイツの物理学者ハイゼンベルクが第二次世界大戦中に陥った状況です。
昔、「部分と全体」という著作をナナメ読みしまして、なぜかその部分だけすごく興味を持っていた私。
舞台「コペンハーゲン」では、その答えを見せてくれるのかなぁと思って観に行ったのですが・・・。

そんな「べき論」で一刀両断できる問題ではなかったですね。はい、スミマセン。
人間の行動原理って、単純な因果関係じゃ語れない。
気持ちも、環境も、刻一刻と変わる。タイミング次第で判断は全然変わる。
見えてないものもたくさんある。
案外、そういう混沌とした状況の中で大事な決断がなされたりする。
そしてそれは天才的な物理学者の皆さんとて、同じ。

このことは、謙虚に肝に銘じておかなくっちゃーと思ったのでした。
すぐに分かったつもりになったり、決めつけたりしがちだけど、それが思考や表現を浅く狭くしてしまうと思うから。

難解なる物理学用語が飛び交いますが、そういうのは適宜スルーしちゃってもいいのかも。
ハイゼンベルク(段田安則)とボーア(浅野和之)、物理学者として名を残す2人が、とても身近で人間臭い存在に見えてくる作品でした。
そして、ボーアの妻マルグレーテ(宮沢りえ)のツッコミがいちいち鋭く、クールです。

たった3人だけ。
シンプルな舞台でセリフの積み重ねだけで進んでいく物語。
でも、そこにはとっても広大で深淵な宇宙が広がっているような・・・。

そうそう。
劇中でハイゼンベルクさんも言ってた言葉から、観劇におけるひとつの真理を発見しました(笑)
「世界中の人の中で一番わからない人、それは他ならぬ自分自身だ」
だから、どんな舞台を観たときも、「うー、感想がうまく言葉にできない」とか、「結局この作品から私は何を得られたんだろ?」とか、悩まなくてもいいんだと思います。いいことにします。
きっと、簡単に言葉にできないような影響を受けているはずだし、そういう影響をたくさん受けられるのが「いい作品」なんだと思います。

13512061_1127145427359025_178094380
※観劇前の腹ごしらえで食べたパンケーキ。
作品の内容とは何の関係もありません(笑)

2016年6月27日 (月)

絶賛おすすめ映画「FAKE」

森達也さん久々のドキュメンタリー映画「FAKE」見てきました。
これはおすすめ!!
おそらく民放テレビ局はこの映画のことを絶対に紹介しないであろうから(理由は見たら一目瞭然)、草の根でせっせと宣伝しますね。

とくに、
1.「伝える」仕事に何らかの信念を持って(ここ大事)取り組みたいと思っている人。
2.「創る」仕事に何らか関わっている人。
いずれかに当てはまる人には絶対見てほしいレベル。

誰かを断罪したり主義主張を振りかざす映画じゃないです。
テーマは重いけれども随所で笑いも。そして、最後の最後まで気が許せない結末です。
ネタバレ系公演評の多い私ですが、これは詳しく語りませんので、ぜひ自身の目でご覧になってください。そして見た方はご一報を。語り合いましょう!

本筋と関係ないところで印象に残ったことだけ書いとくと…
・ネコがいい味出してる。
・来客のたびに出されるケーキがすごく美味しそう。
・そして、奥さまがとっても素敵な方。
いや、これらってじつはこの映画の中でとっても大事なところなのかも(笑)

それにしても森達也さんって何だか面白い人、そして優しい、でも鋭い。
自分ブランディングという安直な言葉を敢えて使うとするならば、これ、森達也というブランドがあったから実現した作品だと思うんです。こういうブランドの築き方、憧れます。

Img_6467_3


2016年6月26日 (日)

「あわれ彼女は娼婦」@新国立劇場中劇場

(終演後)
救いゼロ。つらすぎる。胃がキリキリする。
何のためにこんなしんどい思いまでして観るんだろう?って思ってしまう。
このしんどさに、マゾヒスティックに身を委ねていればいいのか?
いや、きっと何が意味がある気がしているのだけど……うまく言葉にできない。
誰か教えてください〜〜〜

(家に帰って追記)
帰宅して一休みしてオヤツ食べたら気持ちがだいぶ浮上してきたので、印象に残ったことなどをちょいちょいと。

シェイクスピアよりちょっと後の時代の、ジョン・フォードという人の作品です。
近親相姦をテーマにしたキワモノ劇として知られるそうですが、この兄(ジョヴァンニ・浦井くん)にしてこの妹(アナベラ・蒼井優ちゃん)ならば愛し合っちゃうのも仕方ないよねーと思ってしまった。
描きようによって色々なんだろうけれど、今回の舞台は赤い十字架を模したシンプルなセット、マリンバの哀しい音色とも相まって、禁断の純愛はとても美しかったです。

キーパーソンは実は、横田栄司さん演じるヴァスケスでしたねえ。ちょっとルキーニぽくもあって、今度「エリザベート」でルキーニ演じる成河さんがブログで「ヒントをもらった」って書いてたのってもしかして?と気になりながら見てしまいました。
この方、「真田丸」にも出ているとのことで調べたら、尾藤道休。ちょっと前の落書き事件で罪を着せられて首が晒された人です。この一回、一瞬の出演だったのにすごい存在感だったので、誰がやっているのが後で調べようと思いながら忘れてた人。そっか、この方だったか!と、嬉しい再会(?)でした。

中嶋しゅうさん演じる枢機卿。プログラムでは「アナベラを娼婦と断罪してしまう絶対的な権力の象徴」みたいなことが書いてありましたが、そこまでイヤな感じは受けなかったなあ。
どちらかというと、人間のおぞましい部分、罪深き部分を全て飲み込んだ、懐の深い存在に感じました。

カーテンコールで、浦井くんの恋敵だったはずの伊礼くんが、浦井くんと蒼井優ちゃんの手を繋がせてあげて、自分は裏切ったはずの元カノ・ヒポリタ(宮菜穂子さん)の手を取ったのにフラれて、客席を笑わせてました。伊礼くんらしいサービス精神、なんだか嬉しかったな。
どよよんと落ち込んでいた気分が少しだけ和みました。

13495164_1125631224177112_979910651


2016年6月11日 (土)

PARCO劇場「メルシー!おもてなし」

極私的にアデューしにやって来ましたPARCO劇場。
もう、笑って笑ってナチュラルキラー細胞増えた!「メルシー!おもてなし」

志の輔らくごでおなじみの立川志の輔師匠の4つの新作落語をベースにした作品。主演の中井貴一さん他キャストのみなさんも、PARCO劇場にゆかりの方々多数。

落語ってやっぱりそのまま立派なコメディの脚本になるのねと感心したけれど、組み合わせで一つの舞台として上手く構成されていたのはG2さんの脚本・演出の妙ですね。

オチにはホロリとさせられます。最後の最後にタイトルの意味を改めて考えさせられました。ああ「おもてなし」ってこういうことだよねって。
ラストシーンはタカラヅカファン的にもちょっとツボ(笑)
この作品で締め括れて良かった(^-^)/

13450991_1115408888532679_920204620

13445660_1115408908532677_195845767
PARCO劇場へのメッセージカードが!

13344521_1115408921866009_730038338
ここはダメ押しで笑うところw

2016年6月10日 (金)

「この生命誰のもの」@自由劇場

四季ファンのお友達から勧められまして、急遽観てきました。
浅利慶太プロデュース公演「この生命誰のもの」@自由劇場

恥ずかしながら自由劇場は初めて。
浜松町の四季劇場の「春・秋」を過ぎてしばらくしたところにひっそりたたずんでいる、客席数500のちっちゃな劇場です。
チケットは四季のサイトで予約して当日受け取りだったのだけど、入口にはテーブルが出ていて、そこで名前だけ言ったらチケットの束から私の分を探し出して渡してくれました。
何というハンドメイドなんでしょう。

そして、チケットをもぎってもらって劇場に入ると、何と!
入口のところにリアル浅利慶太さんが座っておられたのですっ!!
ニコニコしながら来場者を見守り、時折ご挨拶などを受けてらっしゃいました。

作品のテーマは「尊厳死」とはいかにあるべきか。
舞台の中央には寝たきりとなった主人公がずっとベットに横たわっています。
退院して「人間らしく」死ぬことを望む主人公と、患者を生かすために最善を尽くそうとする医師、主人公の真意を理解して法のもとに戦う弁護士・・・クライマックスは裁判劇なので、「模擬裁判」に熱中していた学生時代を懐かしく思い出してしまったり。

とても静かで理性的な舞台でした。
セリフの応酬には常に緊張感が漂うけれど、でも、分かりやすい。
登場人物に感じ悪い人が誰もいないから、重いテーマなのに素直に入り込めるのだろうと思いました。
ただ、結末にはちょいと「異議あり!」だなぁ私は。
やっぱ死んだらいかんよ早田健!! 

終演してロビーに出ると、そこには何と再び浅利さんの姿が!!
何というか、どうしても一言お礼が言いたくなってしまい、同様の気分になったらしい人たちの列に入り、握手してもらっちゃいました。

四季とタカラヅカ。よく比較される両者ですが、もしかすると両者が目指していたものにはすごく共通する部分があるんじゃないだろうか?
自分でも意外なんですが、今日なんとなく感じたことでした。まだちょっとうまく説明できないので、もう少し追究してみます。

自由劇場。
温かくて素敵な空間でした。また来たいなと思ってます。

13332992_1114722015268033_390100532

13346425_1114722021934699_860546957


2016年6月 5日 (日)

究極のタカラヅカ入門講座&講義デザート!?

昨日は、恒例となりましたNHK文化センター青山教室でのタカラヅカ講座でした。
入門コースでしたので前半にタカラヅカのイロハをお話し、後半に星組公演の解説。
あれこれ話したいことが多すぎて準備段階で盛り過ぎ、すっごい駆け足になっちゃいましたすみません(>_<)

タカラヅカ初めてという年配の男性もいらして、懇親会まで残ってくださいました。
もともと手塚治虫さんのファンで興味を持たれたんですって。
こういう方がいらっしゃるのは嬉しいなあ〜

さて、これまた恒例となりました、
田内 しょうこさんの「講義デザート」。
今回はリンツァータルトでした。
「ウィーンの古典的なお菓子で、アーモンドプードルとバターたっぷりの台にジャムをのせた焼き菓子」だそうです。
シナモンとナツメグこが効いて、めっちゃ美味しかったですよー!!

※次回の青山教室の講座はこちら
観劇セットは満席となっておりますが、講義のみもよろしければ是非(デザート付)

※梅田教室のヅカ漫談もよろしくです。
(観劇セットは残席わずか)

13393903_1111051775635057_778455430


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »