発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« カンゲキ部ゼミ「2.5次元ミュージカル入門」 | トップページ | 究極のタカラヅカ入門講座&講義デザート!? »

2016年5月27日 (金)

パーマ屋スミレ

いい舞台だった!
ただいま、しみじみと余韻に浸り中。
この気持ちを言語化するのが難しくて困っていますが、思いつくままに書いてみると・・・

九州の炭鉱町に生きる在日コリアンの家族の物語。坑内の爆発事故により家族の生活はめちゃめちゃにされ、やがて炭鉱は閉山に追い込まれ・・・と、とてもとてもつらい話。

それでも笑いは絶えない。
ああいう形で笑いを入れてくる脚本・演出もすごいし、それでちゃんと客席を笑わせる役者もすごい。
笑いのパワーを思い知らされます。

あとは一家の長老的おじいちゃんを演じた青山達三さん、いつも居眠りしてばかりでセリフが全部合わせても10個ぐらいしかなさそうなのに、そのわずかなセリフの重みたるや!!

ちょうど私が生まれた時代の話だということも、私にとっては大きいことです。
こういう時代に私は生まれ、育ってきたのだ・・・と。この時代のことをもっと知りたい、ちゃんと向き合いたいと改めて思いましたね。

「昭和三部作」のひとつということなので、あとの二作も観たい! それなのに、ああ時すでに遅し。もう終わっちゃってました(>_<)

※公演情報はこちら

※写真は劇場入口に設けられていたディスプレイ。
13319880_1105502869523281_364311978


« カンゲキ部ゼミ「2.5次元ミュージカル入門」 | トップページ | 究極のタカラヅカ入門講座&講義デザート!? »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カンゲキ部ゼミ「2.5次元ミュージカル入門」 | トップページ | 究極のタカラヅカ入門講座&講義デザート!? »