発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 【カンゲキ部】活動報告&今後の予定(2016年4月) | トップページ | 落語は引き算 »

2016年4月15日 (金)

才能とは

早稲田大学「舞台芸術入門」に、ゲスト講師で振付家の桜木涼介さんがいらっしゃった。
(後期の宝塚パートを担当させてもらってる授業ですが、今日もちょこっとお手伝い)

いつにない大盛況で、立ち見が出る授業というものを私は初めて見ました(笑)
お話はめっちゃ面白くて、今日出席できた学生さんはほんとラッキーだったと思う。
人生変わっちゃった人もいるかも……。

で、今日のお話を聞いて改めて思った。
「才能とは、『他人には決して見えない景色が自分だけには見える』ってことなんだな」と。
これは前々から薄々感じていたことなんだけど、今日の話で確信した。

私はかねてから、ダンサーの中の振付家になれる人とそうでない人の違いは何なんだろう?とういうことが気になって仕方なかった。
だが、今日のお話を聞いて、少なくともこの方は振付家になるべくしてなったんだなあと得心した。
他の人には見えていない、いや見ようともしていない景色が桜木さんには見えてる。

たとえば今日、新学期でごった返す早稲田のキャンパスを見て桜木さん、「この人たちが全員止まったらどうなるだろう」とか思ったそうだ。
普通の人はそんなこと考えないよ、絶対。

あるいはまた「貧しい人っていうのはスッと立ってはいない、必ず前かがみなんですよね」という話もされていた。確かにそうだよね。
姿勢の違いや手の上げ下げ、そういうちょっとした体の動きがお芝居の中で何を発していくかということを常に考えておられる。

あと何より基本的に「動きのある風景」がお好きなんだなと思った。

桜木さんの振付場面って、一見一人ひとりがバラバラな動きをしてるんだけど、場面としては不思議と絵になっててメッセージを発している。
何故こうした場面を創り出せるのかが、こうした一連のお話を聞いてすごく納得できた。
おそらく「桜木さんにだけ見えている景色」を体現したものなのだろう。

…でもって、こんなことをウダウダ考えて、文書にまとめておかずにはいられないのは、きっと私自身のささやかな才能というか性分なんだろうな。

大学生ぐらいのときって(いやその先もずっとかもしれないけど)「私って何に向いているのかしら」とか悩んでしまうお年頃だと思う。
そんなときはこの「自分にだけ見える景色」を探してみたらどうだろう。あるいは「自分にだけはいとも簡単にできてしまうこと」でもいい。それは必ず誰にでもあるものだ。そこに「才能」への鍵が眠っている気がする。

« 【カンゲキ部】活動報告&今後の予定(2016年4月) | トップページ | 落語は引き算 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【カンゲキ部】活動報告&今後の予定(2016年4月) | トップページ | 落語は引き算 »