発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 新刊トークイベント | トップページ | こまつ座「十一ぴきのネコ」 »

2015年9月30日 (水)

来日版「TOP HAT」

シアターオーブで上演中の来日版「TOPHAT」
この4月にタカラヅカでも宙組が上演した作品ですが、やはり本家はすごかった!

…というと安直だけど、正直もっと古臭い感じになるのかと思っていたのです。が、全然そんなことなかったです!

とにかくダンスが圧巻。とりわけ主役カップルのデュエットの迫力がすごくて、お芝居そのものにも説得力を与えていたと思います。すごーく他愛もない話なのに、とくにデイルの切ない気持ちがダンスと共にひしひしと伝わってきました。

タカラヅカ版は本場をかなり忠実に踏襲していたのねってこともよくわかりました。ベティー二やベイツのキャラもそのまんま。ホレスも一瞬ですがシャワーキャップかぶってました(笑)

宙組すっしーさんのベイツも強烈だったけど、来日版でベイツを演じた人の味わい深さは底なしだった! この方、役者の仕事をしていなかった時は執事としてサッチャー首相やケント公に仕えていたこともあるという方ですから筋金入りですね〜。

英国版とタカラヅカ版、双方見比べるのは面白かったですし、逆に宙組の皆さんがいかにがんばっていたかにも感じ入りました。というわけで、宙組バージョンのファンの方にもおすすめです。

« 新刊トークイベント | トップページ | こまつ座「十一ぴきのネコ」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊トークイベント | トップページ | こまつ座「十一ぴきのネコ」 »