発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 神奈川芸術劇場「アドルフに告ぐ」 | トップページ | 締切延長します!「宝塚歌劇のラブロマンスを考えるアンケート」 »

2015年6月19日 (金)

新生星組始動!

今週は「大海賊」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」と観て、新生星組の頼もしいスタートを実感した1週間でございました。

「キャッチミー」は紅・七海コンビが新鮮でいい感じ。
共にユニークな個性の2人だけに、今後この2人がどんな化学反応を起こすのがが楽しみであります。

いっぽうの「大海賊」も、北翔カラーで一気に染め上げられた舞台がこれまた新鮮。
何となくですが一人ひとりの、これまでとはまた違った持ち味にもスポットが当たっていく気がしています。

レジェンド柚希さんの卒業で「星組どうなるんだろう?」感もあったと思うのですが、どうしてどうして。
そのいっぽうで今週は柚希さんも「プリンス・オブ・ブロードウェイ」でパワフルな再スタートを切ったわけだから喜ばしいことです!

こうしてみるとタカラヅカのトップスター制度って、なかなか良くできたシステムだなあと改めて思います。
何かが終われば、そこには必ず新たなパワーが生まれてくるもの。
それは組織でも、個人の人生でも同じだと思います。

地位にしがみついている老害な御仁も、少しは見習ってくれればいいんですけどね〜。
「オレ様がいないとこの組織はダメになる」というのは、たいがいの場合ウソですから。


1511309_901973823209521_21425204080
※写真は赤坂ACT観劇後のお約束パンケーキ。
本文とはまったく関係ありませんw

« 神奈川芸術劇場「アドルフに告ぐ」 | トップページ | 締切延長します!「宝塚歌劇のラブロマンスを考えるアンケート」 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神奈川芸術劇場「アドルフに告ぐ」 | トップページ | 締切延長します!「宝塚歌劇のラブロマンスを考えるアンケート」 »