発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« TSミュージカル「ガランチード」(D-BOYS版) | トップページ | 「アル・カポネ」雑感 »

2015年5月25日 (月)

こまつ座「戯作者銘々伝」

仕事でのご縁がきっかけで、今さらながら井上ひさしワールドにハマリ気味の今日このごろです。
こまつ座「戯作者銘々伝」も拝見させていただきました。

江戸時代後期、いわゆる「黄表紙」で一世を風靡した戯作者たちの生き様を描いた物語。
主人公ともいえる山東京伝演じる北村有起哉さんがとにかく上手い!!!

ミュージカルでおなじみの新妻聖子さんもがんばってらっしゃいました。
新境地開拓かな?

幕が降りた後、しみじみ噛み締めたのが「自由に表現し、それを発信していける幸せ」。「小さなことでぶつぶつ文句いってる場合じゃないぜ!」と自分を戒めたくなりました(笑)

井上ひさしさんは若かりしころ「黄表紙」にハマってしまったことがあったらしいです。
でも「黄表紙」というと、日本史の試験対策として言葉だけ覚えたという人のほうが多いのでは?
今でも出版社のことを「版元」と言ったりしますが、それもこの時代から来ているのですよね。この時代にきっと豊かに花開いていたであろう出版文化のこと、もっと知りたいです。

« TSミュージカル「ガランチード」(D-BOYS版) | トップページ | 「アル・カポネ」雑感 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TSミュージカル「ガランチード」(D-BOYS版) | トップページ | 「アル・カポネ」雑感 »