発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ひとつの時代が終わる ーちえねねフォーエバー!ー | トップページ | 柚希礼音さん千秋楽ご挨拶 »

2015年4月27日 (月)

「レ・ミゼラブル」2015

初演の頃から何度となく観ているのに、また観るとやっぱり感動して、新たな発見もあって、感想書き残したくなっちゃったので、書きます。

今日まず特筆したいのは、ヤン・ジュンモバルジャン!
囚人24653だったバルジャンが自らの罪と向き合い続け、苦悩し、やがて宿敵ジャベールをも逃してやる境地に達していく。
美しい歌声に聴き入るとともに、変わりゆくひとりの男の姿に目が釘付けでした。
ラスト、ファンティーヌ、エポニーヌとともに神に召されていくシーンでこんなに泣いたのは初めてかも。
「ああ、この人は神様に許されたんだな…」と確かに感じました。

後で調べるとこの方は自身も敬虔なクリスチャンなのだそうですね。
何となく、そんなバックボーンも感じさせるバルジャンだったように思います。
こちらのインタビューも興味深いです。

対するのは吉原ジャベール!
わたくし、ジャベールに関してはビジュアルにこだわりがありまして、あのロングコートが似合う長身イケメンじゃないとイヤなんです。
吉原ジャベールはその点ストライクゾーン!
ジャベールとバルジャン、両者の雰囲気も「冷徹さvs温かみ」あるいは「寒色vs暖色」とくっきりと対照的なので対決シーンは迫力十分。
「バルジャンの正義」と「ジャベールの正義」果たして正しいのはどっちなんだあああ??と考えずにはいられませんでした。

そしてそして、上原理生さんのアンジョルラス!!!!!
この役こそ「選ばれし人」しかできない役だと思ってますが、彼はまさに神様から選ばれし一人なんだなと改めて確信。
もともと備わった抜群のカリスマ性の上に、ご本人自身が役を余裕をもって楽しんでらっしゃるようにも感じられて、私がパリの学生だったら間違いなく彼に付いて行きますよ(笑)

ところが。
登場シーンからオペラでガン見。さぁいよいよ名曲「民衆の歌」が始まるぞぉ〜という瞬間に私ときたら…。
突如として私の脳内を「魅惑のエグラモーさん」(「ヴェローナの二紳士」)が通り過ぎて行きました。
そして心の中で吹き出してしまったのでしたwww
→「魅惑のエグラモーさん」についてはこちらのサイトの中ほど参照のこと。
まぁそれだけ芸域を広げた理生くんだけに、アンジョルラスもまた一段と味わい深いってことでw


「誰かを愛することは、神様のおそばにいること」
最後のシーンのこの言葉は聖書からの引用のようですが、ほんとうにいい言葉だなぁと今回もしみじみ思ったのでした。

11115606_871630736243830_4188197426


« ひとつの時代が終わる ーちえねねフォーエバー!ー | トップページ | 柚希礼音さん千秋楽ご挨拶 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
かな~り昔にもコメントをしました栄嘉と申すものです。

雪組の『哀しみのコルドバ』『La Esmeralda』が周南で公演しますね!!!
がおりさんが出演なさるかはわかりませんが…
とりあえうず嬉しい~~!!!!!!
周南…というか山口には全国ツアーはなかなかきませんから(;´Д`)
公演が2回あるので、両方見ます!!

この喜びを周南出身の方と分かち合いたくて、恐れ多くもまたまたコメントをしてしまいました(@Д@;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとつの時代が終わる ーちえねねフォーエバー!ー | トップページ | 柚希礼音さん千秋楽ご挨拶 »