発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 赤羽雄二さんの本のこと | トップページ | 「企画のたまご屋さん」10年間で学んだこと »

2015年3月25日 (水)

赤坂サカス文楽!

昨日、豊竹英大夫さんらご出演の「赤坂サカス文楽」行って来ました!
ACTシアターに文楽って、どうなんだろう?と思ってましたが、意外にも普段の国立劇場とは違うオープンな雰囲気が心地良く、新鮮に感じられました。

1幕の能「翁」+文楽「二人三番叟」は、本来であれば能と文楽で単独で演じられる作品を前半は能、後半は文楽に分けて上演するという画期的な試みでした。能舞台での文楽上演ということで、日頃は観られない足遣いの方の動きも観られるし、最後には2体の人形の客席降りもあり!
神様に捧げられる「能」と、大衆を楽しませる「文楽」の違いを続けて体感できるというとっても貴重な機会です。

続いては恒例、技芸員さんによる太夫、三味線、人形そして2幕の「壺坂観音霊験記」の解説。これはいつもながら本当に丁寧でわかりやすい!

とりわけ三味線の鶴澤清丈´さんの解説は面白すぎてもはや芸人デビューして欲しいレベル。以前「熱烈文楽」という本を出したときに清丈´さんにインタビューさせていただいたことがあるのだけど、あのイケメン好青年だった清丈´さんが早くも40代とは(((( ;°Д°))))
私も年を取るわけですよ…ううう。

2幕はおなじみの「壺坂観音霊験記 沢市内より山の段」。おなじみの作品ですが、改めて観ると、ほんとファンタジックな純愛物だなぁ〜としみじみ。明治時代に作られた作品ということで堅苦しさもなく、ACTシアターにも合う作品選定だと思います。

何と最後にはカーテンコールも!
いつもの国立劇場の公演では幕が降りたらそのままで一抹の淋しさを感じていたので、これは嬉しかったです。
写真もオッケーの大サービスで、皆さんこぞって撮ってらっしゃいましたね。私の写真は「そんな客席の皆さん」を撮った写真ということで(笑)。

初めての方にもわかりやすい構成になってますし、チケット代もリーズナブル(B席なら2000円で観られる)。文楽初体験にはオススメです。公演は27日(金)までです。

…そして最後にもう一度言いたい。
「どうか清丈´さんの休日にも春が来ますように〜」

11070538_852931871447050_3680364298
向こうには宙組「TOP HAT」のポスターも〜♪

11036946_852931951447042_3314948739
カーテンコールは写真もOK!


« 赤羽雄二さんの本のこと | トップページ | 「企画のたまご屋さん」10年間で学んだこと »

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤羽雄二さんの本のこと | トップページ | 「企画のたまご屋さん」10年間で学んだこと »