発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の記事

2015年3月25日 (水)

赤坂サカス文楽!

昨日、豊竹英大夫さんらご出演の「赤坂サカス文楽」行って来ました!
ACTシアターに文楽って、どうなんだろう?と思ってましたが、意外にも普段の国立劇場とは違うオープンな雰囲気が心地良く、新鮮に感じられました。

1幕の能「翁」+文楽「二人三番叟」は、本来であれば能と文楽で単独で演じられる作品を前半は能、後半は文楽に分けて上演するという画期的な試みでした。能舞台での文楽上演ということで、日頃は観られない足遣いの方の動きも観られるし、最後には2体の人形の客席降りもあり!
神様に捧げられる「能」と、大衆を楽しませる「文楽」の違いを続けて体感できるというとっても貴重な機会です。

続いては恒例、技芸員さんによる太夫、三味線、人形そして2幕の「壺坂観音霊験記」の解説。これはいつもながら本当に丁寧でわかりやすい!

とりわけ三味線の鶴澤清丈´さんの解説は面白すぎてもはや芸人デビューして欲しいレベル。以前「熱烈文楽」という本を出したときに清丈´さんにインタビューさせていただいたことがあるのだけど、あのイケメン好青年だった清丈´さんが早くも40代とは(((( ;°Д°))))
私も年を取るわけですよ…ううう。

2幕はおなじみの「壺坂観音霊験記 沢市内より山の段」。おなじみの作品ですが、改めて観ると、ほんとファンタジックな純愛物だなぁ〜としみじみ。明治時代に作られた作品ということで堅苦しさもなく、ACTシアターにも合う作品選定だと思います。

何と最後にはカーテンコールも!
いつもの国立劇場の公演では幕が降りたらそのままで一抹の淋しさを感じていたので、これは嬉しかったです。
写真もオッケーの大サービスで、皆さんこぞって撮ってらっしゃいましたね。私の写真は「そんな客席の皆さん」を撮った写真ということで(笑)。

初めての方にもわかりやすい構成になってますし、チケット代もリーズナブル(B席なら2000円で観られる)。文楽初体験にはオススメです。公演は27日(金)までです。

…そして最後にもう一度言いたい。
「どうか清丈´さんの休日にも春が来ますように〜」

11070538_852931871447050_3680364298
向こうには宙組「TOP HAT」のポスターも〜♪

11036946_852931951447042_3314948739
カーテンコールは写真もOK!


2015年3月23日 (月)

赤羽雄二さんの本のこと

最近、赤羽雄二さんの著作にハマっております。

とりあえずこれはと思ったことは試してみる主義の私。「ゼロ秒思考」に書かれているA4メモもとりあえずやってみてまして、明日でちょうど1カ月になります。成果のほどは今後に乞うご期待ってことで…。

で、この赤羽さんにどうしてもリアルでお目にかかりたくなったので、今日たまたま開催されてた著者セミナーに行って来てしまいました。
会場に入ってみたら男子率が異様に高く、しかも皆さんきっちりしたスーツ姿でめっちゃアウェイ感(汗)。どうやら30代ぐらいの会社員の方が多かったみたいです。

途中からは質問も活発に出て、赤羽さんもそれぞれの質問者の個別バックグラウンドを踏まえたうえで、かなーり率直にホンネベースの回答をされていて面白かったです。そっか、回答が刺激的だと質問もたくさん出るんですね。勉強になるなあ。
それにしても、くだらない会議とアホな上司に悩んでいる人、ホントに多いんですね(>_<)

本や今日のセミナーで紹介されてる様々なノウハウはもちろん役に立つと思うのだけど、今日のお話で一番印象に残ったのは、冒頭でびしっとおっしゃった、
「日本人一人ひとりが、もっとものを考えないと、世界で闘っていけない!!」
というメッセージでした。

それから著作の中にたびたび書かれている「人は誰だって頭がいい!」というメッセージも印象的です。
氏の著作は全編通じて「誰だって頭がいいんだから、その能力を生きているうちに全開させなきゃもったいない!」という考えに裏打ちされています。
しかも、ただ読んで終わりじゃない、「質問は何でも受け付けます」とあとがきにも書かれ、意見交換のためのフェイスブックグループも立ち上がっているところがすごい
このメッセージに共感し、オープンマインドに惹き付けられるから、この本は多くの人に読まれるんじゃないかなと私は思います。
少なくとも私がハマる理由はそこです。やっぱり「本は人なり」です。

★追記
「日本の『上司』が変わらないと、世界で闘っていけない!」という思いを込めて書かれたのが以下の1冊だそうです。
赤羽さん曰く「『ゼロ秒…』何倍も重視し、どうしてもお伝えしたい内容」とのこと。
こちらも是非どうぞ!


2015年3月22日 (日)

誕生日でした!

本日お誕生日につきブログのデザイン一新してみました(笑)

晴れて気持ちの良いお天気で、差し迫った予定もなく、穏やかな1日を過ごすことができました(^-^)/
この1年もしなやかに瑞々しく、ワクワクとした心豊かな日々を過ごしていければと思っております。

写真は私が勝手に愛でている近所のこぶしの花です。
毎年この時期、桜に先駆けて咲くんです。2.3日前にはまだつぼみだったのに、あっという間に満開になってました。

11070015_851383588268545_7124366912


2015年3月 3日 (火)

確定申告のとき思うこと

本日ようやく確定申告が終わり、さっき最寄りの税務署に提出してきました。

こういう仕事なもんですから、支払調書の枚数は多く、個々の金額は大きくはないという、入力が煩雑になるパターンです(涙)。

それでも金額を眺めていると、個々のお仕事が懐かしく思い出され、このご時世に原稿料といったもので何とか生きていけてることには感謝しなくてはと思います。同時に「今年もがんばったよ私」と自分が愛おしくなってきちゃったりもして(笑)。

さて、険しい道のりですが今年も進んでいくしかないですねぇ〜。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »