発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) | トップページ | 「君の名は」3部作を全部見てしまった »

2015年1月26日 (月)

ツボは細部に宿るの法則

NHK文化センター青山教室にて昨年来続けて来た「100倍楽しむタカラヅカ」シリーズ。
全5回の最終回が無事に終わりました。

この講座の名物「講義デザート」(東京宝塚劇場の公演デザートに対抗キリッ)。
いつも作ってくださっている料理研究家の田内しょうこさんが、宙組の凰稀かなめさん大好きということで、今回はいちだんと気合いの入ったものになりました\(^o^)/

「白夜の誓い」にちなんでスウェーデンのお菓子、プリンセストータ。
「PHOENIX宝塚」をイメージして白い羽も添えられています。
グリーンは今回の公演のシャドウなどでもかなめさんが多用してらっしゃるテーマカラーなのだそうです。

前半の真面目パートからティータイムを挟んで、後半は宙組公演トーク。
せっかくなので、かなめさんのこれまでを振り返りましょうということで、田内さんにもお知恵を拝借しようと思い、いろいろ聞いてみました。

まず「もう一度観てみたい役」として出て来たのがティボルト。なるほどです。
じゃあ「ティボルト役で好きな場面は? やっぱり15で初めて女を…のとこですかね?」と聞いてみたところ、いやいやそれも良いけれどと挙げてくれたのが以下のようなものだったのですwww

・幕開きの場面で大公が去った後に、プッてベンヴォーリオに向かってツバ吐くところ(ツバ吐いてもノーブル、と言われていた)。
・仮面舞踏会でノリノリで踊ってるとこのラストの膝折り。
・パリス伯爵に「あああ??!」と凄むとこも好き(ジュリエットパパにパリスを紹介されるシーンですね)。

…etc.
「ちょっとニッチすぎですね〜」とのことだったけど、でもわかる気がする!
その後私も実際に「膝折り」シーンなどを何度も見返し「なるほどぉ」と唸ったのでした。

そもそもご贔屓さんの演じた役であれば、ファンなら誰しもこのくらいニッチなツボの2つや3つ、いや5個や10個は挙げられるはず。
そうです。「神は細部に宿る」ならぬ「ツボは細部に宿る」ってことですな〜。
つまり「ツボ」が「神」ってことです(わけわかめ)。

おかげで講座では、このツボネタを交えてお話して、とても盛り上がりました。
今後は定番化しようかな。「ニッチなツボ」シリーズ(笑)。

というわけで101年目もさらに進化しながら続く「101倍楽しむタカラヅカ」シリーズ。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

10943437_725971204176421_1329466154


★追記
講義中に「言い忘れました〜」とういことで、今回公演のかなめさんの見どころをさらに教えてくださいました。
田内さん曰く「綺麗に見せる衣装の着方については、並外れた拘りがある方だと思っています」。

「よくタカラヅカきってのビジュアル派という言われ方をしますが、それは決して素材の良さだけではなく、それを最大限にみせるための細かい努力の積み重ねで出来上がっているのだと思います。
美は一日にしてならず!
今回の退団公演は着せ替え人形のようにたくさんの綺麗なお衣装を着ていますが、その積み重ねの集大成としての美しさをぜひぜひ観て頂きたい、と暑苦しく思っています。
ショーでは怪盗カナメールの場面で7種類の早替わりをしていますが、それも細かい積み重ねの結晶なのだぞ、と。
グスタフさんは、優雅に作り上げているので、ともすると動きが少なく見えてしまうのですが、宮廷服での王族らしい気品を持った立ち居振る舞いも、お衣装の美しさと合わせて見どころのひとつです」

どや!とのことです。
これから宙組ご覧になる方はぜひぜひご注目くださいね〜。

« 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) | トップページ | 「君の名は」3部作を全部見てしまった »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) | トップページ | 「君の名は」3部作を全部見てしまった »