発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) »

2015年1月 2日 (金)

「当事者意識が高い」のは幸せなことなのか?

「リクルートのユニークネス」(リクルートらしさ)の一つは「当事者意識の高さ」なのだそうです。社内報「かもめ」に、そう書いてあったのが心に引っかかっていました。

幸か不幸か、私も当事者意識は低くない方だと思います。でも、それって果たして人生においておトクなことなのかしら?と、モヤモヤした気分でいたところ、R同期でもあるインサイトコミュニケーションズ代表の紫垣樹郎くんがこんな素敵なムービーを作ってくれました(ムービーのリンク元はこちら)。

当事者意識の違いというのは、卑近な例でいうと「みんなで飲みに行こうぜ!」といった場面でも現れます。こういうとき、良さそうな店をすぐに探してくれたり、「じゃあ予約は私がしようか?」と申し出てくれるのが当事者意識の高い人。逆に低い人は何もしようとしません。そして私は、この類の輩が当日オイシイところだけ持っていくのにイラっと来てしまう、心の狭い人間です(>_<)

「当事者意識が高い人」って言い換えると「おせっかいな人」だったり「暑苦しい人」です。面倒くさいことも増えます。それは必ずしもおトクで要領のいい道ではないという意味では「幸せな人生」を約束するものではないのかもしれません。

でも、面白いかどうかでいったら、色々なことに当事者意識高く関わった方が絶対面白い人生になるはず。「当事者意識が高い」というのは、より広く深く関心を持つってことなんですよね。だったら、たとえ面倒でもその方が私はいいなあと、改めて思ったのでした。

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編) »