発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月26日 (月)

ツボは細部に宿るの法則

NHK文化センター青山教室にて昨年来続けて来た「100倍楽しむタカラヅカ」シリーズ。
全5回の最終回が無事に終わりました。

この講座の名物「講義デザート」(東京宝塚劇場の公演デザートに対抗キリッ)。
いつも作ってくださっている料理研究家の田内しょうこさんが、宙組の凰稀かなめさん大好きということで、今回はいちだんと気合いの入ったものになりました\(^o^)/

「白夜の誓い」にちなんでスウェーデンのお菓子、プリンセストータ。
「PHOENIX宝塚」をイメージして白い羽も添えられています。
グリーンは今回の公演のシャドウなどでもかなめさんが多用してらっしゃるテーマカラーなのだそうです。

前半の真面目パートからティータイムを挟んで、後半は宙組公演トーク。
せっかくなので、かなめさんのこれまでを振り返りましょうということで、田内さんにもお知恵を拝借しようと思い、いろいろ聞いてみました。

まず「もう一度観てみたい役」として出て来たのがティボルト。なるほどです。
じゃあ「ティボルト役で好きな場面は? やっぱり15で初めて女を…のとこですかね?」と聞いてみたところ、いやいやそれも良いけれどと挙げてくれたのが以下のようなものだったのですwww

・幕開きの場面で大公が去った後に、プッてベンヴォーリオに向かってツバ吐くところ(ツバ吐いてもノーブル、と言われていた)。
・仮面舞踏会でノリノリで踊ってるとこのラストの膝折り。
・パリス伯爵に「あああ??!」と凄むとこも好き(ジュリエットパパにパリスを紹介されるシーンですね)。

…etc.
「ちょっとニッチすぎですね〜」とのことだったけど、でもわかる気がする!
その後私も実際に「膝折り」シーンなどを何度も見返し「なるほどぉ」と唸ったのでした。

そもそもご贔屓さんの演じた役であれば、ファンなら誰しもこのくらいニッチなツボの2つや3つ、いや5個や10個は挙げられるはず。
そうです。「神は細部に宿る」ならぬ「ツボは細部に宿る」ってことですな〜。
つまり「ツボ」が「神」ってことです(わけわかめ)。

おかげで講座では、このツボネタを交えてお話して、とても盛り上がりました。
今後は定番化しようかな。「ニッチなツボ」シリーズ(笑)。

というわけで101年目もさらに進化しながら続く「101倍楽しむタカラヅカ」シリーズ。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

10943437_725971204176421_1329466154


★追記
講義中に「言い忘れました〜」とういことで、今回公演のかなめさんの見どころをさらに教えてくださいました。
田内さん曰く「綺麗に見せる衣装の着方については、並外れた拘りがある方だと思っています」。

「よくタカラヅカきってのビジュアル派という言われ方をしますが、それは決して素材の良さだけではなく、それを最大限にみせるための細かい努力の積み重ねで出来上がっているのだと思います。
美は一日にしてならず!
今回の退団公演は着せ替え人形のようにたくさんの綺麗なお衣装を着ていますが、その積み重ねの集大成としての美しさをぜひぜひ観て頂きたい、と暑苦しく思っています。
ショーでは怪盗カナメールの場面で7種類の早替わりをしていますが、それも細かい積み重ねの結晶なのだぞ、と。
グスタフさんは、優雅に作り上げているので、ともすると動きが少なく見えてしまうのですが、宮廷服での王族らしい気品を持った立ち居振る舞いも、お衣装の美しさと合わせて見どころのひとつです」

どや!とのことです。
これから宙組ご覧になる方はぜひぜひご注目くださいね〜。

2015年1月18日 (日)

日本一手間のかかる味噌づくり(脱穀編)

昨年12月に収穫した大豆たちを、今日は脱穀しにやって参りました。
今日はきっと文明の利器であっという間に済んじゃうんだろうなーと思ったら、全然そんなことなかったという…(>_<)

機械チームと手作業チームに分かれて作業開始。
機械チームでは、前回収穫してカラカラに感想した大豆の束を脱穀機にどんどん投げ込んでいく。

1724255_816890231717881_28382898888

これが結構怖くて(実際巻き込まれる事故はあるらしい)「ぎゃ〜〜〜!」とか叫びながら恐る恐る投げ込んでいたら、地元の農家の方が懇切丁寧にコツを教えてくださった。
いやーカッコいいね。こういう機械を黙って使いこなす姿に乙女心はきゅんとなります。
でも結局最後まで大した戦力にはならなかった。すいません。

10917281_816890255051212_8425565735

でも、脱穀機にかけた大豆はまだまだこんな感じなので、鞘を取り除いたり、まだ割れていない鞘から豆を出したりといった手作業が必要だった(そういうのは得意だ)。
聞けばこちらは落花生用の脱穀機だそうで、大豆用のものを使えばもっと精度はいいのかもしれない。
でもまぁ仕方ないよね。だってここは千葉だから。

いっぽう手作業チームのほうは、水を入れたペットボトルで鞘を叩くなどして、中の豆を出していく。
もっと地道な作業だが、機械のなかった昔はそうしていたのだろう。

10931246_816890318384539_72312164_2

豆を出した鞘やら土ぼこりやらが舞う中での作業なので、みんなマスクに眼鏡、帽子で完全防備の異様な姿。
おまけに今日は風がとても強かったから大変だ。
あの鞘の中に収まっているものを取り出して綺麗に集めないと「大豆」にはならないんだという、当たり前のことを痛感したのだった。

この後、2月には大豆を選り分ける「選別」という作業がさらにある。
味噌汁への道程はまだまだ遠い…。


※おまけ
いつも作業後のお昼に、地元の野菜を使った料理を出してくださる。
こういうものを毎日食べてたら間違いなく健康になる!と思える料理の数々。
はっきりいってこれが楽しみで通っているといっても過言ではない(笑)。

10943704_816891125051125_6065157239

10933816_816891161717788_2162760515

10622947_816891195051118_8045586872

1549406_816891145051123_22379553691


2015年1月 2日 (金)

「当事者意識が高い」のは幸せなことなのか?

「リクルートのユニークネス」(リクルートらしさ)の一つは「当事者意識の高さ」なのだそうです。社内報「かもめ」に、そう書いてあったのが心に引っかかっていました。

幸か不幸か、私も当事者意識は低くない方だと思います。でも、それって果たして人生においておトクなことなのかしら?と、モヤモヤした気分でいたところ、R同期でもあるインサイトコミュニケーションズ代表の紫垣樹郎くんがこんな素敵なムービーを作ってくれました(ムービーのリンク元はこちら)。

当事者意識の違いというのは、卑近な例でいうと「みんなで飲みに行こうぜ!」といった場面でも現れます。こういうとき、良さそうな店をすぐに探してくれたり、「じゃあ予約は私がしようか?」と申し出てくれるのが当事者意識の高い人。逆に低い人は何もしようとしません。そして私は、この類の輩が当日オイシイところだけ持っていくのにイラっと来てしまう、心の狭い人間です(>_<)

「当事者意識が高い人」って言い換えると「おせっかいな人」だったり「暑苦しい人」です。面倒くさいことも増えます。それは必ずしもおトクで要領のいい道ではないという意味では「幸せな人生」を約束するものではないのかもしれません。

でも、面白いかどうかでいったら、色々なことに当事者意識高く関わった方が絶対面白い人生になるはず。「当事者意識が高い」というのは、より広く深く関心を持つってことなんですよね。だったら、たとえ面倒でもその方が私はいいなあと、改めて思ったのでした。

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます!

元旦。
実家でゆるゆると過ごすお正月であります。

「2015年は挑戦の年にしたい」
みたいなことを書いた今年の年賀状。
それを見た母上からは、
「ふーん…千晶が挑戦するとか、あるんかいねぇ〜
いっつもマイペースに見えるけどねぇ」
と、クールな反応が(>_<)
むむむ、さすが長い付き合いだけに読まれておる(汗)。

でもね、去年は怒涛のように流された一年だったから、今年は少しは違ったテイストで
自分から切り開いていく感じもいいかなーなんて、思っている次第です。

初詣恒例のおみくじは「吉」。
商いは「利益あれど少なし」だったけど〜
恋愛は「未来に幸福あり」だったけど〜
ぼちぼち、がんばりますワ。

本年もどうぞよろしくお願いします(^-^)/

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »