発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 日本舞踊×オーケストラ Vol.2 | トップページ | タカスペ千秋楽も終わった »

2014年12月19日 (金)

本日の日経MJ「レビューれびゅー」で

日経MJの連載「レビューれびゅー」、100周年の締めくくりということでタカラヅカネタを書かせていただきました。
仕事柄OGの方にお話を聞く機会も多いので、応援の気持ちを込めて…といったところです。

4月から新しく始まったこの連載は、正直毎月毎月が緊張の連続でして、自分の中でも今年最も勉強させてもらった仕事のひとつでした。視野も広がったし、書くことで逆に毎回のテーマに対する考察もより深まっていったと思います。

ちなみに、今年一年の見出しを振り返ってみるとこんな感じでした。
いやはや色々と書きましたねー。

【4月】タカラヅカ100年の計/一層の「顧客第一主義」を
【5月】文楽最長老、竹本住大夫が引退/演じ手も客も、一生もの
【6月】東京・丸の内「朝劇」登場から1年/逆転の発想、すそ野広げる
【7月】舞台「オーシャンズ11」東京公演大盛況/仕掛け多彩、新旧の客納得
【8月】バレエ雑誌「ダンシン」の挑戦/男子層、読者と世界広げる
【9月】渋谷の夜に「三谷版ショーガール」/小粋な大人の時間を提供
【10月】元気いっぱいの韓国ミュージカル/実力派俳優・独自作に強み
【11月】「出版甲子園」10回の節目/「不況業種」に新しい風
【12月】タカラヅカ、101年目への船出/OG、舞台での活躍に注目

とくに最初は文章が冗長すぎて担当編集の方にお手間を取らせてばかりで(汗)。1500字という文字数を使えば意外と多くのことが伝えられるのだということも学びました。

来年も引き続き、常にアンテナを張って、新鮮な切り口で自分でも楽しみながら書いていければと思っています。面白そうなネタあったら是非教えてください!

20141219_95628


« 日本舞踊×オーケストラ Vol.2 | トップページ | タカスペ千秋楽も終わった »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本舞踊×オーケストラ Vol.2 | トップページ | タカスペ千秋楽も終わった »