発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の記事

2014年11月30日 (日)

第10回出版甲子園決勝大会!!

今日は「企画のたまご屋さん」も共催としてお手伝いしている「出版甲子園」の決勝大会@代々木オリンピックセンターに行って来ました。
今日の私は審査員という重大なるお役目(>_<)。しかも最初の挨拶もあり…。

983831_739370779433944_773116291158

いちおうがんばった!

決勝10企画のプレゼンは大笑いしちゃうものから、しんみり聴き入ってしまうものまで、それぞれに個性的。エンターテインメントとして十分面白かったです。
著者というのはキャラが立っていることが大事だと思うけれど、その意味でも期待できる企画ばかりでした。

結果は…
◆1位(グランプリ)が「恋愛昆虫図鑑」
◆2位(準グランプリ)が「No.1スカウトマン直伝!20歳のためのコミュニケーションの教科書」
◆3位が「学生運動から『学生の運動』へ――1万枚のビラから探る、『大学生』の半世紀」

10514615_739370862767269_7418691891

どの企画も、ワタシ的にも推しなもので結果には大満足(*´ω`*)
あーでも、それ以外も是非書籍化して欲しいものばかりです。がんばって欲しいわあ!!
(企画の詳細はこちらのページからみられますよー)

終了後の懇親会では個性溢れる企画者の皆さんとお話できて楽しかった〜。
そして以下はお話してわかったワタシ的にのみ重要なプチ情報のメモです。
・「日本史の“ハテナ”を解決する本」の企画者の方が拙著「タカラヅカ流世界史」の存在を知ってくださってた。
・企画者の中にR社の内定者がいた!
・企画者の中にヅカオタ女子がいた!!!

今日の日のために1年間がんばってきた出版甲子園実行委員会の皆さん、本当にホントウにお疲れさまでした!
大会運営としても進化が感じられて、10周年に相応しい大会だったと思いました。
心からの感謝を込めて…「今日は素敵な時間をありがとう」

2014年11月28日 (金)

漫画「すみれの花咲くガールズ」に解説コラム書きました

小学館ビッグコミックスペリオールに連載中の漫画「すみれの花咲くガールズ 」がこのたび単行本として発売。
こちらに解説コラムを書かせていただきました!

ユニークな登場人物による奇想天外なストーリーですが、ベースには作者のタカラヅカ愛が感じられる作品であります(*´ω`*)
何と、タカラジェンヌになりたかった(!?)男子も登場するので、ヅカ男子の皆様も必見です!

10639531_784408441632727_5429673216

2014年11月20日 (木)

「REON in BUDOKAN」難しすぎる振付の覚え方

いよいよ今週末に迫った『REON in BUDOKAN~LEGEND~』。
あまりにも難し過ぎる振付講座が評判です(汗)

NHK文化センターでの「タカラヅカダンスを語る講座」などでおなじみの阿部さや子センセーに振付の覚え方のコツを教えていただきましたので、ご覧あれ。

1)ほとんどが腕振りなので、まず腕の動きを覚える。わりと、左右それぞれの腕を流れで動かせるようにできています。

2)カウントを覚えて腕の振りを当てはめていく。速いけど、カウントそのものは単純。

3)下半身の重心移動を覚える。脚の位置はまったく動かないけど、左右どちらの脚に体重をのせるかが振りごとに変わる。

4)最後に余裕があれば顔の角度や手など末端の形を整える。

とりあえず私は今のところ、上記ステップ1ぐらいかな。
こんな難しい振付を強要??しちゃうところが、体育会系なちえさんらしくて素敵なんですけどねー(*´ω`*)

2014年11月12日 (水)

新刊トークイベント「愛と日本史の輪舞」

新刊「タカラヅカ流日本史」の刊行記念トークイベントで、イラストを担当してくれた牧彩子さんとともに日本物への「偉大なる愛」を語ってきました。
写真だけ見ると運動会トークバトルかのようですが違います(^^;;

10401943_776396132433958_26938068_3

恒例となったジャンケン大会で今回勝ち残ったのは、何とフジテレビアナウンス室の向坂樹興さん!
「運動会ではウチの笠井がお世話になりました」
と、素敵な声でご挨拶いただいてしまいました。
ご夫婦そろってファンでらっしゃるという向坂さんが所望されたのは、「スカーレットピンパーネル」の霧矢さん。
「それならば何度も書いてますっ」と牧さんがサラサラと描きあげてくれたのが、これです。

1513733_776396172433954_47983992747

運動会や1万人ラインダンスだけでなく、今回の本のこだわりポイントや執筆して新たに学んだことなども真面目にお話しましたよ。
万が一時間を忘れてしゃべり倒しても、「フォッS木」改め「コンガS木」改め「キッチュS木」さんがしっかりとタイムキーパーを務めてくれるので安心であります。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

2014年11月 9日 (日)

いよいよ発売!「タカラヅカ流日本史」

新刊「タカラヅカ流日本史」おそらく明日あたりから書店に並び始めると思います。
さっきAmazonを見たら、何とまだ予約受付中にも関わらず「宝塚」カテゴリで1位になってました!
ありがとうございますー\(^o^)/
最近はライバルも多くてなかなか1位取れないんで、記念に取ったスクリーンショット画像貼っときますね。

12日(水)のトークイベント「東西おかしな2人 第4章 愛と日本史の輪舞」も残席があと少しあるみたいです。
お時間ある方は是非是非お立ち寄りくださいねー!!→【詳細はこちら】
また、参加予定の方はジャンケン大会に勝ち残ったときにどのキャラを牧さんに描いてもらうかも考えておいてくださいネ。

★追記★
「18時にはちょっと間に合いそうもない…」という方もご安心あれ。
ジャンケン大会は18時半以降に始めるように進行したいと思います。
(それまでは運動会トークしますw)
18時半なら体も慣れてるからきっと来られるでしょう(笑)

20141109_213507_2


2014年11月 4日 (火)

「Yū! Just in Time」

轟悠ディナーショー「Yū! Just in Time」@パレスホテルに行って参りました。
今のこの気持ち、どうしてもひとこと残しておきたくて…。

その伸びやかな歌声を聴きながら、20年間積み重ねてきた時を振り返り、100周年という時を共有できている「今この瞬間」への感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

そして轟さんの舞台を観ていると何故か、「私は私で、ちゃんとがんばれているだろうか?」と自分自身を振り返りたくなってしまうんですよね。

これからもタカラヅカと轟さんの舞台をずっと見守り、応援し続けていきたい…。
それは、「祈り」の1時間でもあり、「誓い」の1時間でもあったような気がします。
つまり28000円はお布施のようなものですかね(笑)
身も心も浄化されて、明日からまたがんばりまーす(*´ω`*)

タカラヅカを応援する者としての初心に帰った素敵な時間でした。
ありがとう!!!

10345807_771232186283686_8920275268
ホテルオリジナルカクテルの「Yū! Just in Time」


2014年11月 1日 (土)

宝塚1万人のラインダンス

11月1日、武庫川河川敷で行われた「宝塚1万人のラインダンス」に参加して来ました!

984254_771497726257132_904186666941
当日は朝からあいにくの雨…。
でも皆さんさすが!レインコートはしっかり準備してきています(笑)
私も「入り出用」に使っていたレインコートを何年かぶりに使いました。

149380_771523549587883_776710048975
ちなみに会場地図はこんな感じ。列長い〜!!
整列する場所ごとに色分けされたリストバンドをつけて踊ります。

64745_771497499590488_1188029987862
「ボーダー柄縛り」で参加した我がルキーニーズチームの整理番号は600番台後半。
申込開始直後に張り切ってエントリーしたおかげで、宝塚大劇場を背景に臨むベストボジション!

1625490_771497376257167_89853781125
衣装に工夫をこらしたチームも多く、中にはこんな素晴らしい方々も!
FM宝塚の方とその仲間たちの皆さんです。専科もちゃんとあるのが素敵♪
朝から降っていた雨も10時過ぎには止み、皆さん衣装をちゃんと披露できて本当に良かったです。

1656050_771497526257152_72066783184
ラインダンスを踊るとき、このラインからはみ出してはいけません。
その他「全員がちゃんと手を繋げなくてはいけない」「踊り手以外の人は4m以内に近寄ってはいけない」等、いくつか守らなければならないルールがありました。

10384461_771497446257160_5106742928
このお方がギネス認定の審判員とのこと。
こういう方々が我々の踊りを見て、失格者をチェックしていくらしいです。
今だから言いますが私、本番で振りを2回間違えちゃったんですけど失格者認定されてたらどうしよう(汗)

10387529_771497286257176_7522662959
偶然にも我がチームの横に、拙著のイラストを描いてくれている牧彩子さんご一行が!
花組ポーズで盛り上がる2人であります。

1461893_771496856257219_28622140155
2回ほど通しで練習した後、11時15分ぐらいからいよいよ本番。
その後、審査結果を待つこと1時間弱、12時11分に参加者4563人うち失格者を除いた人数4395人で、見事ギネス認定されました\(^o^)/

1911683_771497052923866_76697078631
振付の先生方も嬉しそうです。

ラインダンスの様子はこちらの動画でも見ることができます。
どうやらこの写真の中には私も写っているみたい(判別は難しいですが…)

事前に全然練習できなかったし、当日も朝から雨模様だったりして、開始前はちょっぴり気が重かったりもしたけれど、終わった後には「参加できて本当に良かった!!」と思えました。
宝塚歌劇や宝塚の街を愛する人たちと心をあわせて、ひとつの目標を達成できたという満足感のおかげでしょうか。

この壮大なるチャレンジのために準備をすすめてこられたスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!


« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »