発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 心地よいカフェの条件 | トップページ | おじさんダンサーの味わい!? »

2014年9月26日 (金)

「私だけに」を「私なりに」訳して歌う

早稲田大学教育学部「舞台芸術入門2」本日開講でした!
リレー形式の講義で、私はガチ宝塚部分の担当。11月後半に登場予定ですが、初回ということで顔出して来ました。

コーディネイターの渡辺先生のテンションも高く、例年にも増してアツい授業になりそうです。
教育学部の授業ですがオープン科目だし教室のキャパもあるようなので、ヅカヲタの皆さんはもちろんのこと、ミュージカルや舞台に興味ある学生さんはぜひいらしてくださいね(^-^)/

…と、なぜかここで宣伝。
少しでもたくさんの人に舞台の面白さを知って欲しいという趣旨の授業なんで、まぁいいんじゃないでしょうか(笑)

さてこの授業、前期もあったのですが、そこで出されたレポート課題ですごく面白いものがあったようです。それは…

【ミュージカル「エリザベート」の中の代表的な曲「私だけに」原曲の歌詞(もちろんドイツ語)を自分なりに訳して歌ったものを録音して提出する。】

…というもの!!
レポートというよりは、もはや実技ですなこれは(笑)

で、さらに面白いことには、一見面倒くさそうな課題にも関わらず、提出者が意外と多かったのだそうです。
(レポート課題は複数出され、その中から好きなものを選ぶ方式なのです)

あまりにもユニークな訳詞&ハイレベルな歌唱力のものが多かったため、「採点する先生だけがひとりで楽しむのはもったいない」ということで、今日の授業の最後に、特に優れていたもののいくつかが披露されていました。
うん、確かに素晴らしかった!

こういうのは面白いし、知的好奇心もそそるよね。
近視眼的なキャリア教育もよろしいけれど、やっぱり大学の学びってこうでなくちゃあと改めて思った次第です。

« 心地よいカフェの条件 | トップページ | おじさんダンサーの味わい!? »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心地よいカフェの条件 | トップページ | おじさんダンサーの味わい!? »