発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« キム・ダヒョンさんのファンミーティング | トップページ | 「11月梅田ヅカ漫談」の詳細です »

2014年9月30日 (火)

「勝ち」の基準をみつける

芸ごとの世界における「勝ち」って何だろう?という問題について考えさせられたので、朝っぱらからブログ書いている(>_<)

以前、40代も後半になってからダンス(それもヒップホップ系)を始めた人から、
「ダンスの世界は勝ち負けがなくていいよな」
的なことを言われて「甘いっ!(`・ω・´)プンスカ」とゲキオコしたことがあった。
ところが、やがてその彼もアマチュアの発表会なんぞに出るようになり、もともと自分に厳しい人だったので、今は本番での出来を反省して「負けだ…」と落ち込んでいるようだ。

…極端過ぎるだろwwwww

芸ごとの世界はスポーツのように明確に勝負がつかないし、試験のようにデジタルにも採点されない。曖昧模糊とした世界。だからややこしい。

その中で「スターシステム」という超明確な勝ち負けの基準を持ち込んでいるのがタカラヅカだ。
トップスターの座に登り詰めること。それが最大の「勝利」であることは誰もが認めるところだろう。
それで、突然だが以下のようなポジショニングマップを思いついた。

横軸は「トップスターにどのくらいなりたいか」の本人の意思だ。
縦軸は「この人はトップスターになれるのかどうか」の才能軸だ。

Photo140930

第1象限にいる人たちが、トップスターの座を争う人たち。
ここのポジションの一番右上が、まあ今でいうなら星組の柚希礼音さんみたいな人だろう。
ファンの誰もが「彼女はトップになるだろうな」と信じて疑わず、本人もその期待に応えて大トップスターになっていく。
だけど、悲喜こもごものドラマが生まれるのは、むしろこの象限の真ん中ぐらにいる人たちの周りだ。
外野の勝手な言い分で恐縮だが、ファンとして見守るときの醍醐味はそのあたりにあったりする。

第2象限に属する人たちも、ごくたまにだがいる。
いわゆる将来を嘱望されながら、さっさと辞めていってしまうような人たちだ。
こういう人たちをみていると「ああ、熱意(というか執念?)もまた、才能のうちなんだなあ」といったことを考えさせられる。

第3象限、そもそもここの人たちが厳しい試験を突破できるのかとも思うが、運よく入れたならば「タカラヅカの舞台を踏めただけで満足♪」ということになるのだろう。
ある意味、最も幸せな人たちといえるのかもしれない。

そして第4象限。
残酷な話だが、多くの人はここに属することになる。

タカラジェンヌだけではない。
芸ごとの世界で、あるいは表現者として生きていこうとする人たちの大半は、残念ながらここに所属する。
「この世界で成功したい!」「食べていけるようになりたい!」そう切望するが、自分に与えられているのは平凡な才能だけ…。

いや、もしかするとこの軸を「出世できる・できない」「出世したい・したくない」と置き換えたら、会社勤めの人にも当てはまる話かもしれない。

と、ここまで書いてきて朝からブルーな気分になってきましたが(´・ω・`)
だが、先日のブログでも書いたけど、もしかすると本当の勝負は「私って第4象限なのね」と自覚したときから始まるのかもしれない。
そこから、いかにして自分なりの「勝ち」の基準を見つけるか、そして、どうやって自分をそこまで引き上げるか?

それこそが真に創造的な人生ということなのかもしれないな。
自分なりのブレない「勝ち」の基準を見つけて、きちんと達成している人は美しいと思う。

« キム・ダヒョンさんのファンミーティング | トップページ | 「11月梅田ヅカ漫談」の詳細です »

ひとり仕事」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キム・ダヒョンさんのファンミーティング | トップページ | 「11月梅田ヅカ漫談」の詳細です »