発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« モヤモヤしながら能と向き合う | トップページ | 大分タカラヅカ講座、無事終了! »

2014年7月13日 (日)

「水先輩」のコンサート

昨日は、能に続いて夕方は赤坂ACTシアターにて、水夏希さんのコンサート「蜃気楼~mirage~」行って来ました。
昼間は能で夕方は水さんという不思議なダブルの一日。普段はダブルってしないのですが、このぐらいギャップがあると何とかなります。

このコンサート、毎年1回夏に開催していて「水夏希なう」がテーマなんだそう。
極彩色の幻想的な照明、その照明と衣装との色合いがとっても綺麗で、どの場面を切り取っても絵になりそう。
そんな荻田先生ワールドの中で、今の水さんが息づいているコンサートでした♪

基本的なことではありますが、とにかく歌も踊りも良かった!
歌は、タカラヅカ時代よりナチュラルに気持ち良く歌われているような気がしました。
「ここでミーアンドマイガールの歌を持って来るか!」といった選曲もツボにはまったし、印象的な歌詞の曲も多かったです。
最後のミュージカルメドレーがアーヴィング=バーリンなど戦前の明るいブロードウェイミュージカルの曲中心だったのも、水さんらしくて良かった。
小野田龍之介さんの甘い歌声もステキでした。

共演のダンサー陣は佐藤洋介さん、桜木涼介さん、安田栄徳さんという面々で、変な話、水さんがはけた場面もダンスシーンとして見応えたっぷり。私は佐藤洋介さんのダンスがとくに好きでした。
そんな面々を率いて踊る水さんをみていて、突然ですが昔読んだ「生徒諸君!」という漫画の主人公を思い出しました(ここでピンとくる人は同世代)。そういえばあの主人公もナッキーという名前だったな。

水さんの母校である千葉女子高校ミュージカル部(?)の生徒さんたちも観に来ていて、カーテンコールのときに「大好き!水先輩」と書かれた横断幕を掲げてました。可愛いっ(*´ω`*)
しかし冷静に考えてみると、自分が高校や大学のときの部活やサークルにアラフォーのOGが訪ねて来ても「○○先輩」呼ばわりはできなかった気がするのだが…でも水先輩はやっぱり「水先輩」なのでしょう。

水さん、「自分の道」を見つけつつあるんだなあということを改めて実感したコンサートでした。

仕事柄、「タカラジェンヌのセカンドキャリア」というテーマに強い関心があります。
(何のオレ得にもなりませんが…w)
これまでは、大手プロダクションに所属してミュージカルの舞台で活躍するというのが王道パターンでしたが、これからは、独立して自分ブランドを築いていくというパターンも増えて来るのかも。
昨日の大空さんや水さんのありようをみていて、そんなことを思ったりしました。

10555030_706453969428175_1614175665
※「お約束」ロビーのお花チェック!

« モヤモヤしながら能と向き合う | トップページ | 大分タカラヅカ講座、無事終了! »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

今回、断腸の思い出で諦めたコンサートだったのでくわしくレポートしてくださって有り難うございました!
DVD 化もしくは関西での再演を祈ってます!

風邪がちっとも治らないので、ちょっと体力温存を考えて今回は欠席しました。

でもやっと水さんが道をみつけた!

と見た人は言ってました。

よかったぁ~

真矢みきとともに、さまよえるOGとして私の中では
心配な人、No.1となっていたので、嬉しいです。
道をみつけたら、みきちゃんみたいにグイグイ行きそうな
気もするし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モヤモヤしながら能と向き合う | トップページ | 大分タカラヅカ講座、無事終了! »