発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« タカラヅカ関連ミニ講座2つ | トップページ | 無事に任務終了! »

2014年6月20日 (金)

本日の「レビューれびゅー」+成功曲線の話

本日の日経MJに「レビューれびゅー」掲載されています。
今回は「朝劇」をテーマに取り上げました。
そして以下は、スペースが足りなくてたぶんこの話は書けないだろうなぁと思って書いておいたメモです。

    ☆     ☆     ☆

朝劇主宰の右近良之さんから「成功曲線」の話を伺った。
人は普通、努力に比例して成果が出ると考えがちだが、じつはそうじゃないという話だ。
最初のうちは努力しても努力してもちっとも成果は出ない。だが、ある時突然花開く。それが成功曲線の言わんとするところだ。

じゃあその長い長〜い雌伏の期間、自分を支えてくれるものは何か?
それはやはり「好きで好きでたまらない」という気持ち、そして「大丈夫、いつか必ず成功する」と信じる気持ちなんじゃないかとおっしゃってた。

途中、「ムリだよ」「アホちゃう?」などと言う人はたくさん現れる。でも、それも全て自分が試されているのだ。

そして、雌伏の期間が長ければ長いほど、そこで溜まるエネルギーも大きいから、ブレイク度合いも激しくなるんだと。
そっかー。長い雌伏期間を続けてる人は、それを信じてがんばるしかないね!

じゃあ一生芽が出なかった人はどうなのかって? そういう人は来世で花開くんですよ、きっとね。

まぁそれは冗談にしても。
おそらく、この成功曲線話なんか全然知らないまま、バカみたいに自分を信じて続けられる人が成功するんじゃないかなあと思ったのでした。


Photo_2


« タカラヅカ関連ミニ講座2つ | トップページ | 無事に任務終了! »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タカラヅカ関連ミニ講座2つ | トップページ | 無事に任務終了! »