発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014年6月29日 (日)

無事に任務終了!

NHK文化センター梅田教室での水夏希さんトークイベントの進行役、先ほど無事に終了しました(^-^)/

こういう役回りは初めてで当然緊張していたのですが…
会場に入る前に外で待っていると、すでに梅田教室の担当者の挨拶の段階から、笑い声が満ちあふれ、すごい盛り上がってる(@_@)

おかげで私も励まされ、調子良くスタートすることができてしまいました。
会場全体が終始温かな雰囲気に満ちていて、ああ、客席に助けられるってこういうことなんだーと初めて知りました。

終わった今の率直な実感は、水さんと、ファンの皆さんの関係性がホントに素敵だなあとあうこと。
なんというか…感動しました。

それで、1時間ほどお話させてもらっての水さんの印象は、真面目で頭か良くて、でも実はとても女性らしくて繊細で…それでいて突然すこーーんと抜けたところもあって会場全体が爆笑の渦に包まれる!?
この最後のところもまた魅力的〜と思ったのでした(*^_^*)

貴重な経験をさせていただいたこと、そして準備段階や当日お世話になった皆様に感謝です!

2014年6月20日 (金)

本日の「レビューれびゅー」+成功曲線の話

本日の日経MJに「レビューれびゅー」掲載されています。
今回は「朝劇」をテーマに取り上げました。
そして以下は、スペースが足りなくてたぶんこの話は書けないだろうなぁと思って書いておいたメモです。

    ☆     ☆     ☆

朝劇主宰の右近良之さんから「成功曲線」の話を伺った。
人は普通、努力に比例して成果が出ると考えがちだが、じつはそうじゃないという話だ。
最初のうちは努力しても努力してもちっとも成果は出ない。だが、ある時突然花開く。それが成功曲線の言わんとするところだ。

じゃあその長い長〜い雌伏の期間、自分を支えてくれるものは何か?
それはやはり「好きで好きでたまらない」という気持ち、そして「大丈夫、いつか必ず成功する」と信じる気持ちなんじゃないかとおっしゃってた。

途中、「ムリだよ」「アホちゃう?」などと言う人はたくさん現れる。でも、それも全て自分が試されているのだ。

そして、雌伏の期間が長ければ長いほど、そこで溜まるエネルギーも大きいから、ブレイク度合いも激しくなるんだと。
そっかー。長い雌伏期間を続けてる人は、それを信じてがんばるしかないね!

じゃあ一生芽が出なかった人はどうなのかって? そういう人は来世で花開くんですよ、きっとね。

まぁそれは冗談にしても。
おそらく、この成功曲線話なんか全然知らないまま、バカみたいに自分を信じて続けられる人が成功するんじゃないかなあと思ったのでした。


Photo_2


2014年6月19日 (木)

タカラヅカ関連ミニ講座2つ

この夏開催予定のタカラヅカ関連ミニ講座を2つほどご案内します。
いずれも地域密着型(?)、アットホームな講座です(*´ω`*)

◆池袋方面のみなさまにオススメ

タカラヅカ語りのティータイムVol.2
『ベルばら』コサージュ作り&観劇券付きお茶会講座

@池袋コミュニティ・カレッジ/7月3日(木)&10日(木)

「ベルばら」風コサージュを作り、それを付けて(?)観劇しようというユニークな講座です。「ベルばら」ワールド満喫できること間違いなし!
コサージュ作りは私もチャレンジする予定です(笑)
詳細はこちら


◆二子玉川方面のみなさまにオススメ

タカラヅカを語りつくそう!
@コミュニティクラブたまがわ/8月24日(日)

100周年で盛り上がるタカラヅカを語り合った後、雪組公演「一夢庵風流記 前田慶次」「My Dream TAKARAZUKA」を観劇します。にこたま付近でヅカ友が欲しい方にもオススメの講座です。
詳細はこちら(ページ中程)

お問い合わせ、お申し込みは各カルチャーセンターまでどうぞ。
お待ちしています\(^o^)/

2014年6月14日 (土)

遠征満喫

2泊3日の遠征からの帰りです。
ただ今、新幹線の中。

この間、関西と名古屋でそれぞれ、色んな人と会えたし、名古屋飯もばっちり堪能しました(*^_^*)

最終日の今日はNHK文化センター梅田教室の「ヅカ漫談」の後に観劇会。
講座でもさらに新たな出会いがありました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!! また梅田で集いましょう\(^o^)/

雪組公演も良かった!!
周南の星☆がおりちゃんも思った以上の大活躍でしたし、何といっても壮さんカッコいい(*^_^*)
そのヤンチャな傾きっぷりの奥底に感じる孤独感みたいなものが、前田慶次そのもの。これは壮さんにしか出せない味だと思います。
東京公演が今から楽しみ!!

今、お疲れ気味につきアタマが回りませんが、確実に言えるのは、このところ色々大変だったのが、この3日でエネルギー充填され、すっかりリフレッシュできたということ。

明日からまた心機一転してがんばります(^-^)/

10475944_688869241186648_590548601_
※テンション上がる〜阪急梅田駅


2014年6月12日 (木)

前のめりすぎた花組中日遠征(>_<)

本日は花組中日劇場「ベルサイユのばら」初日!
新トップ明日海りお誕生の瞬間をこの目でみるのだ! そして名古屋飯も堪能するのだー!!
…と、張り切って家を出たのです。

8時25分、ラッシュの中を順調に品川駅に着いたので、同行の友人に「もう品川着いた!」と、ドヤ顔メッセージ。
すると友人から、
「えっ? 新幹線は9時40分だよね??」

…1時間間違えてた((((;゚Д゚)))))))
前のめりすぎだよ私(>_<)

こうして、大爆笑のスタートとなった中日遠征。
予定通りに名古屋に着き、まずは味噌煮込みうどんで腹ごしらえ。
いつも中日ビルの地下に行くけど、今日は山本屋の「大門本店」まで足を伸ばしてみました。
あっちなみに「おおもんほんてん」だそうです(^^;;

10469620_687738787966360_1919724305
※名古屋飯その1「味噌煮込みうどん」

明日海フェルゼンは…深みのある優しさと、一途な情熱とのキャップが、とても魅力的。
ボートでの逢引の場面は、それはそれは美しくて切なくて、このあたりから既にウルウル(T_T)

元々、私は「ベルばら」の中ではマリー=アントワネットが一番共感できるキャラなのですが、今回は彼女とフェルゼンの心境の変化がきちんと描かれており、蘭乃はなちゃんのお芝居も良かったし、おまけに相手が明日海フェルゼンですから、もう「気分はマリー」(笑)。
ベルばらでこんなに号泣しちゃったのは人生初めてかも(笑)。

フィナーレの黒燕尾の場面、センターを降りてきたときのみりおちゃんの表情が何とも言えなくて、
その瞬間に「ああ、花組のトップさんになったのね」としみじみ実感したのでした。

カーテンコールの挨拶も明日海さんらしくほのぼのと温かみのあるものでした。
こういう時も、必ずいつも、心からの自分の言葉で話せるみりおちゃんが素敵だと思います。

終演後はこれまた中日遠征恒例、あつた蓬莱軒の「ひつまぶし」で、お腹も心も満腹に。
いやはや、朝から晩まで濃すぎる一日でした(^-^)

10449667_687938057946433_1158762801
※名古屋飯その2「ひつまぶし」


☆追記:翌日も名古屋飯を堪能しまくりました(笑)

10449670_688353277904911_48900368_n
※名古屋飯その3「コメダのモーニング」

10472233_688447681228804_951003157_
※名古屋飯その4「赤福氷」

10447261_688455841227988_576743830_
※名古屋飯その5「新幹線ホーム『住よし』のきしめん」


2014年6月 7日 (土)

「わからない」お芝居???

いやーこれほど「わからない」お芝居を観たのはホント初めて。
私ってどんな舞台もわりと理解しにいっちゃうタイプなんだけど、これは歯が立たなかった。
ハロルド・ピンター作、デヴィッド・ルヴォー演出「昔の日々」@日生劇場の話である。

わかりたい!わからない!わからない私ってもしかして馬鹿なの?
…などともがきながら観てたら、幕になっちゃった。
でも、観劇後は決して不快ではない。むしろ沸き起こったのは、良い作品を観た後にいつも感じるのと同じような充実感だった。
「いやー、久々に心底わからないもの観ちゃったよ」というような、不思議で新鮮なお芝居だった。脳が刺激を受けて活性化したような気もする。

何でもわからないと気が済まないのは、現代人の病だ。
たまには「わからない」体験があっていいのかも。
そのほうがワクワクするし、謙虚になれるから。

たまたま私が観た回は演出家デヴィッド・ルヴォー氏のアフター・トークショーが付いていて、「そのそもこの作品は観客にわからせるようには創られていない」といった話があった。
どうやら私が感じたこともあながち「間違い」じゃないらしい。
…と、ここでそうやって安心しちゃうのも、現代人の病だなあとは思うのだけど(>_<)

ルヴォー氏のお話で印象に残ったのは「なぜ新しい形式は生み出されなくてはならないのか、それは客席の皆さんと考えてみたいことです」とおっしゃったことだった。
それって演劇に限らず表現活動に関わる根本的な問いだなあと思う。

それにしても「わからないけど何だか惹きつけられるもの」を創れる人ってすごいし、演じられる役者さんもすごいよね。

2014年6月 1日 (日)

「シモキタらしさ」って?

先日に引き続き、調子に乗って「朝劇」シモキタバージョンにも行って来てしまいました。
こちらは、場所もお話も丸の内とは趣きが違い、じつに「シモキタ」らしかった!

上京してきたばかりの頃、慣れないことばかりが続く日々の中でようやく「ここなら私、居てもいいかも」と一息つけた街がシモキタだったのですが、そのときの気持ちを久しぶりに思い出してしまいました。

ところで「シモキタらしさ」って何なんだろう?
さっきから、一言でずばっといえる適切な形容詞が思いつかなくて困っています。

どなたか良いフレーズをご存知の方、教えてください!

※芝居後の朝ご飯はキッシュでした。
10405855_680607952012777_77341227_n


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »