発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 人生の「中詰め」 | トップページ | 宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」 »

2014年4月 5日 (土)

「宝塚歌劇100周年記念式典」中継行ってきた!

ダメ元で「おけぴ」でトライしてみたら、チケットがゲットできてしまったんですよー!
というわけで、「宝塚歌劇100周年記念式典」の東京宝塚劇場中継に行って来ました。
中継とはいえ、この記念行事をリアルタイムで味わえるだけで嬉しいよっ\(^o^)/

劇場前に行くと、何やらひときわ輝きを放っている列が…。
何の列かと思ったら、OGジェンヌの皆様専用受付の列でした(*´ω`*)
さすが皆さん、いくつになっても華やかな方ばかりであります。

第一部がいわゆる式典で、幕開きは祝舞「飛翔無限」。
これは90周年のときに、春日野先生、松本悠里さん、轟悠さんで舞われた作品。今回は春日野先生パートを舞ったのは、花柳寿輔先生でした。しかも、春日野先生と同じお衣装を身につけて、とのこと。
この記念すべきときに、こうして祝舞を舞う轟さんに、しみじみ;;

司会は夢咲ねねさんと蘭乃はなさん、表彰やら祝辞やらの来賓のアテンドも主要娘役陣が務めていで、何だが華やかで愛らしかったわ〜(*^o^*)
でも確かに、来賓の方々も自分たちよりイケメンな(?)男役にアテンドされるよりもそのほうが嬉しかったに違いありませぬ。

続いては辻井信行さんのピアノ演奏。曲目は即興曲「SUMIRE」(これは、すみれの花咲く頃のアレンジでした)と、リストの「ラ・カンパネラ」(ここで「翼ある人々」の愛ちゃんを思い出したのは私だけではあるまい)。
そして、宝塚100年の歩みを簡潔にまとめたビデオ上映もありました。

ビックリしたのは、国際宇宙ステーションから若田光一船長からも映像でメッセージが届いたこと! 
若田さん、上空から降りて来てメッセージを述べて、再び上空に帰っていかれました。宇宙って、ホントに無重力なんですね〜(((( ;°Д°))))

しかし圧巻は何といっても、一部の最後、総勢約400人の現役生徒+音楽学校生の祝典大合唱!
「虹の橋 渡りつづけて」「団歌」「すみれの花咲く頃」の3曲でしたが、うち「虹の橋 渡りつづけて」は瀬戸内寂聴先生作詞・千住明さん作曲。そして指揮は佐渡裕さんという超豪華版。大階段いっぱいに緑の袴のジェンヌさんが乗っかった光景も壮観!
もう清く正しく美しいパワー全開で、やっぱりタカラヅカって聖域だわ〜と再認識してしまいました。

そして第二部は、今、宝塚大劇場で公演中の月組公演のショー「TAKARAZUKA 花詩集100!!」の上演。5組トップコンビも特出して、これまた超豪華版でした。
東西劇場で歴代OGの皆様の前で公演ご披露とか、月組メンバーの皆さんは最大限の緊張だったでしょうね(>_<)
OGの皆様が一番盛り上がっていたのは2度のラインダンスの場面でした。皆さん、あのお稽古の大変さを共通体験されているんですものね(*^^*)

真面目な式典だと思って厳粛に臨もうと思っていた第一部も、驚きの趣向満載、ファンのツボも満載で、うっかりエンターテインメントとして楽しんでしまっていた自分がいました。
これ誰が考えたんだろうと思ってプログラムをみると「構成・演出 小池修一郎」と。
やっぱりさすがだわ〜!

式典といえど、これでもかといわんばかりに来場者を驚かせ、楽しませてしまうところに、何というかタカラヅカ100年のスピリットを感じてしまったのであります。

10153391_647755101964729_343071422_

« 人生の「中詰め」 | トップページ | 宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

今日の10時前、用事で宝塚に行ったら、緑の袴姿の生徒さんが続々と歩いて楽屋入り。歩く私の横を通り過ぎる車にも生徒さん。背景は宝塚大劇場、武庫川べりに桜、連れだって歩く膨大な数のジェンヌさん…宝塚大橋を歩きながら、夢かと思いました。

用事を終えてお昼ご飯を食べに行くと、式典が始まるまでおしゃべりにいそしむOGさんだらけで、どこの店も満席。とにかく華やか過ぎる今日の宝塚でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の「中詰め」 | トップページ | 宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」 »